シングルカムとツインカムの違い|SOHCエンジンとDOHCエンジン

シングルカム・ツインカム・違い・とは・エンジン・バルブタイミング・メリット・デメリット
ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

違いはカムシャフトの数

エンジンのシリンダー上部にある吸気バルブと排気バルブを動かす装置としてカムシャフトがあります。

バルブを動かす装置は必ずしもすべてがカムシャフトではありませんが、カムシャフトでバルブを作動させる方式のエンジンで、カムシャフトの数が1本のものをシングルカム(SOHC)と呼び、2本のものをツインカム(DOHC)と呼びます。

(※)SOHCはシングルオーバーヘッドカムシャフトのことで、DOHCはダブルオーバーヘッドカムシャフトのことです。

シングルカム(SOHC)では、吸気バルブと排気バルブを1本のカムシャフトで作動させますが、DOHCでは、吸気バルブに1本、排気バルブに1本と役割分担させています。

より具体的には、シングルカム(SOHC)では、シリンダーヘッドの真上にカムシャフトを置き、左右に配置された吸気バルブと排気バルブをロッカーアームを介して作動させます。

一方、ツインカム(DOHC)では、吸気バルブの上に1本のカムシャフトを、排気バルブの上に1本のカムシャフトを、それぞれ配置し、直接的にバルブを作動させます。あるいは、あいだにロッカーアームを介する場合もあります。

どちらが優れているか?

シングルカムとツインカムのどちらが優れた方式かはわかりません。現在はツインカムが流行していますが、エンジンに詳しい人の説では、シングルカムでもツインカム並みの性能は出せるそうです。また、部品点数が少なく整備性がいい点もシングルカムのメリットで、燃費もシングルカムが優位にあります。

バルブの数を増やしたり、点火タイミングの自由度が上がったり、高回転型エンジンを作りやすい点はツインカムに軍配が上がりますが、技術的に、シングルカムでも作れないことはないとのこと。

現在はツインカムが主流ですが、それはただの流行でしょう、たぶん。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。