ツインインジェクター(デュアルインジェクター)とは|仕組み|メリット|直噴エンジンとの違い

ツインインジェクター・デュアルインジェクター・とは・仕組み・メリット・直噴

ツインインジェクター(デュアルインジェクター)とは:仕組み

ツインインジェクター(デュアルインジェクター)とは、燃料噴射装置が1気筒につき2つ備わった機構のことです。

その際、2つのインジェクターは全く同じものを使用します。まれに異なる種類のインジェクターを使うこともありますが、多くは同じものを使います。

インジェクターを1気筒につき2つにする目的は、1本では燃料噴射量の細かい調節が困難だからですが、その詳細は下記のとおりです。

  • 1本だと噴射時間が長くなるが、2本だと1本当たりの噴射時間を短くできる
  • 1本だと燃料を霧化する効率が劣る
  • 1本だと無効噴射時間が増えてしまう※無効噴射時間とは、噴射信号をECUから受けて実際に噴射するまでにかかる作動時間の遅れのこと

こうした特性を持つツインインジェクター(デュアルインジェクター)は、レーシングカーなどで使われることが多いのですが、量産車でも採用されています。

世界で最初に量産車に採用したのは日産自動車です。※現行車ではジュークに採用

メリット

ツインインジェクター(デュアルインジェクター)のメリットは、前の項目に挙げたこと以外にもあります。

インジェクターを2本にすることで、噴射燃料が微粒化し、燃焼が安定します。特に省燃費車(エコカー)においては、より多くのEGRの導入が可能になります。

EGRとは、排気ガスを再度還流してシリンダー内に取り込み、燃費向上とNOx(窒素酸化物)の削減を目指す機構のことです。

また、インジェクターを吸気バルブに近い位置に配置して噴射制御を最適化することで、シリンダー内へ直接燃料が入る割合が増えます。これにより、燃料気化によるシリンダー内の温度低下が期待できます。

シリンダー内の温度が低下すると、エンジンの大敵であるノッキングを抑制でき、さらに圧縮比を上げることができます。

これはシリンダー内に直接燃料を噴射する直噴エンジンの目指すところに近い方式です。もちろん、直噴エンジンほどの効率性はありませんが、それでも、直噴エンジンに必要な様々な補器類や高圧インジェクターやポンプなどのパーツを使わずに、これに近い効果が得られるもので、コストパフォーマンスの高い方式です。

各社の名称

ツインインジェクター(デュアルインジェクター)は、自動車メーカーにより呼び名が異なります。

  • 日産:デュアルインジェクター
  • スズキ:デュアルジェットエンジン
  • ホンダ:ツインインジェクションシステム
  • ダイハツ:デュアルインジェクタ

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。