三井住友海上 バイク保険|見積もり・金額・値段・料金・保険料

三井住友海上・バイク保険・見積もり・金額・料金・値段・保険料

三井住友海上では単体のバイク保険(バイク任意保険)を扱っていますがホームページ上で見積もり試算ができません。

見積もり試算ができないだけでなく、そもそもバイク保険の解説ページが存在しません。

会社としてはバイク保険に入りたい人はネットではなく代理店を通して入ってちょうだい、というスタンスのようです。

三井住友海上は代理店型の保険会社なのでこれはこれでいいのかもしれませんが、わたしたちネットユーザーとしてはまずどんな商品内容か知った上で代理店さんとコンタクトを取る、という手順を踏みたいところなのですが、それができません。

またホームページでは試算ができないいっぽうで、一括見積もりサイトでは見積もりを取ることができます。

他力本願といったところでしょうか。

インズウェブ・バイク保険一括見積もり

三井住友海上のバイク保険はホームページで見積もり試算できない

ホームページで見積もり試算できないとは・三井住友海上・バイク保険・見積もり・金額・料金・値段・保険料

「三井住友海上 バイク保険」でグーグル検索しても求めているページが存在しません。

仕方なく「自動車保険|三井住友海上」がタイトルのページを開くと、

ご契約のお車が二輪自動車・原動機付自転車の場合、『自動車保険・一般用』でご契約いただきます

という注意書きが下のほうにあります。

その『自動車保険・一般用』のページを開くと、そこにはバイクに関する記述がどこにも見当たりません。

本当に驚くべきことです。

バイク保険に興味を持つわたしたちネットユーザーにまったく顔を向けていないということです。

当然、バイク保険の見積もり試算はできません。

そこでインズウェブというバイク保険一括見積もりサイトを見ると三井住友海上も参加していることがわかります。

ただしインズウェブの注意書きには、三井住友海上で契約する場合はあいだに代理店が入るという記述があり、また見積もり試算は電話での対応になることが書かれています。

実にどうにもまどろっこしい話です。

会社が本気でバイク保険に入って欲しいと思っていたらこんな対応をするでしょうか?

このネット時代に見積もり結果が即座に返ってこないなんてどういうことなんでしょう。

ちなみに先ほどグーグル検索の話をしましたが、「三井住友海上 バイク保険」で検索した1ページ目のトップ(広告を除く)には「バイク保険の三井ダイレクト損保」が表示されました(2019年4月26日現在)。

グループ会社とはいえ、別会社です。

グーグルのアルゴリズムは「検索ユーザーにより利便性の高いサイトを上位に」という方向性で働いていますから、ホームページで見積もり試算できない会社より「バイク保険御三家」の一角を担う三井ダイレクト損保を優先表示したのかもしれません。

そういうわけで、みなさんが三井住友海上に強い思い入れがあって、どうしても三井住友海上のバイク保険の見積もり金額を知りたいというのであれば、下記のサイトをご利用ください。

インズウェブ・バイク保険一括見積もり

と書きつつ矛盾したことをいいますが、実際に上記一括見積もりサイトを利用した場合、三井住友海上でバイク保険の契約をする人は少ないと思います。

なぜなら、上記一括見積もりサイトには先ほど少し触れた「バイク保険御三家」が参加しているからです。

アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社です。

この3社はダイレクト型保険会社です。

あいだに代理店が入りません。

また見積もり試算の結果はすぐ返ってきます。

というより、この3社の場合は各社のホームページで見積もり試算ができます。

結論めいたことを書いてしまうと、わたしたちネットユーザーがネットでバイク保険の金額を即座に知り、契約にまでこぎつけようと思ったら、実質的に「バイク保険御三家」しか選択肢はありません。

この3社のいずれかを選ぶしかありません。

同じダイレクト型のソニー損保・SBI損保・イーデザイン損保・おとなの自動車保険は単体のバイク保険を扱っていません。※ファミリーバイク特約はありますが

また三井住友海上と同じ代理店型の損保ジャパン・東京海上日動・あいおいニッセイの各社は、バイク保険を扱っているものの、やはりホームページ上で見積もり試算ができません。

結局は「バイク保険御三家」しか選択肢がないということです。

「バイク保険御三家」保険料比較
保険会社 125cc以下 125cc超~250cc以下 250cc超
アクサダイレクト (全)48,850円 (全)87,690円 (全)97,120円
(21)28,640円 (21)47,310円 (21)52,060円
チューリッヒ (全)64,110円 (全)172,440円 (全)172,440円
(21)39,760円 (21)47,220円 (21)47,220円
三井ダイレクト (全)52,150円 (全)88,670円 (全)88,670円
(21)26,950円 (21)42,700円 (21)42,700円

(2019年4月時点の各社ホームページでの試算結果)

【試算条件】新規 / 対人:無制限 / 対物:無制限 / 搭乗者傷害:300万 / 自損事故傷害保険1500万 / 無保険車傷害保険2億円 / ロードサービス付 / インターネット割引適用

アクサダイレクト バイク保険 見積もり|金額・料金・値段・保険料

2019.04.18

チューリッヒ バイク保険 見積もり|料金・金額・値段・保険料

2019.04.17

三井ダイレクト バイク保険 見積もり|金額・料金・値段・保険料

2019.04.20

125cc以下の原付バイクならファミリーバイク特約がおすすめ

125cc以下の原付バイクの場合はファミリーバイク特約・三井住友海上・バイク保険・見積もり・金額・料金・値段・保険料

あなたがお乗りのバイクが125cc以下の原付バイクなら、単体のバイク保険よりファミリーバイク特約がおすすめです。

(運転免許で「原付バイク」というと50cc以下のバイクのことですが、保険では125cc以下のバイクのことを「原付バイク」といいます)

ファミリーバイク特約は自動車保険の特約なので、まず自動車保険の契約があることが前提ですが、料金にしても補償内容にしても、びっくりするほど内容が充実しています。

ファミリーバイク特約はどの保険会社でも扱っているので、すでに自動車保険の契約がある方は一考の価値があると思います。

ファミリーバイク特約:保険料比較一覧
保険会社 自損事故型 人身傷害型
ソニー損保  8,090円  21,820円
おとなの自動車保険(セゾン損保)  6,520円  18,240円
アクサダイレクト  7,300円  なし
チューリッヒ  11,020円  なし
三井ダイレクト  10,270円  14,130円
イーデザイン損保  10,540円  なし
SBI損保  7,950円  21,710円
損保ジャパン  9,370円  29,690円
東京海上日動  9,960円  24,800円
三井住友海上  11,500円  38,480円
あいおいニッセイ  10,750円  34,710円
JA共済(農協)  4,380円  なし
全労済  不明  7,980円

(2019年4月時点の試算結果)

※三井ダイレクトのファミリーバイク特約は3タイプありますがウェブ見積の画面では自損型と人身傷害型しか選択できないので上の表では2タイプのみの表示です

※上記ファミリーバイク特約の保険料は「定額」です。つまり等級・年齢条件が変わっても保険料は変わりません

※全労済のホームページでの見積もり試算では主契約のマイカー共済に人身傷害が付いたプランしか計算できないので自損事故型の保険料は「不明」としました

ファミリーバイク特約は万能|自損型・人身傷害型|詳細解説

2019.03.24

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。(ラグビーワールドカップ期間中はドライブレコーダーの記事ばかり書いていました。)朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。 <※ついに「あおり運転」で免許取り消しに。警察庁が動きます。令和2年の通常国会に道路交通法改正案が提出される予定です!!(2019年11月7日朝日新聞)>