全労済 バイク保険|見積もり・金額・料金・値段・保険料

全労済・バイク保険・見積もり・金額・料金・値段・保険料

全労済は単体のバイク保険(バイク任意保険)を取り扱っています。

原付バイクの任意保険もありますし125cc・250cc・400ccなどの二輪自動車の任意保険もあります。

全労済のホームページでは見積もり試算もできます。

「クイック見積もり」「じっくり見積もり」の2種類の見積もり試算があって大まかな料金からより厳密な料金まで算出できます。

このページではみなさんのバイク保険選びの参考になるように全労済のバイク保険と「バイク保険御三家」の保険料比較をしています。

お役立てください。

全労済のバイク保険(バイク任意保険):見積もり結果

ホームページでバイク保険見積もり試算できる・全労済 バイク保険|見積もり・金額・料金・値段・保険料
全労災のバイク保険:保険料
 原付バイク(125cc以下のバイク)  二輪自動車(125cc超のバイク)
(全年齢) 22,220円 (全年齢) 89,400円
(21歳以上)22,220円 (21歳以上)62,660円

(2019年4月時点のホームページでの試算結果)

※全労済では原付バイクは「全年齢」のみなので上記のように同額になっています。

【試算条件】新規 / 対人:無制限 / 対物:無制限 / 搭乗者傷害:500万 / 自損事故傷害保険1500万 / 無保険車傷害保険:無制限 / ロードサービス付

次に、「バイク保険御三家」であるアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの保険料をご紹介します。

「バイク保険御三家」保険料比較表
保険会社 125cc以下 125cc超~250cc以下 250cc超
アクサダイレクト (全)48,850円 (全)87,690円 (全)97,120円
(21)28,640円 (21)47,310円 (21)52,060円
チューリッヒ (全)64,110円 (全)172,440円 (全)172,440円
(21)39,760円 (21)47,220円 (21)47,220円
三井ダイレクト (全)52,150円 (全)88,670円 (全)88,670円
(21)26,950円 (21)42,700円 (21)42,700円

(2019年4月時点の各社ホームページでの試算結果)

【試算条件】新規 / 対人:無制限 / 対物:無制限 / 搭乗者傷害:300万 / 自損事故傷害保険1500万 / 無保険車傷害保険2億円 / ロードサービス付 / インターネット割引適用

搭乗者傷害と無保険者傷害の補償額が全労済と「バイク保険御三家」で異なっています。

年齢条件は26歳以上・30歳以上・35歳以上を選べる会社もありますが、全年齢と21歳以上しか選べない会社もあるため、比較の都合上、全年齢と21歳以上だけで試算しています。


上記比較表でおおよその保険料水準がわかると思います。

原付バイクに関しては全労済が圧倒的に安いです。

ところが、125cc超になると全年齢でほぼ同水準(チューリッヒは例外的に高いですが)、21歳以上では「御三家」の方が安くなります。

わたしの事前の予想では全労済が飛び抜けて安いと思っていましたが、やはり保険料というのは実際に見積もり試算してみないとわからないものですね。

全労済は全年齢、21歳以上の他に26歳以上、35歳以上が選べるので、これらも実際に試算してみないとわからないと思います。

また三井ダイレクトは26歳以上が選べますし、チューリッヒは26歳以上と30歳以上が選べるので、こちらも実際に見積もり試算してみないとわからないと思います。

⇒⇒⇒全労済:バイク保険見積もり試算

⇒⇒⇒「バイク保険御三家」:一括見積もり試算

アクサダイレクト バイク保険 見積もり|金額・料金・値段・保険料

2019.04.18

チューリッヒ バイク保険 見積もり|料金・金額・値段・保険料

2019.04.17

三井ダイレクト バイク保険 見積もり|金額・料金・値段・保険料

2019.04.20

125cc以下の原付バイクならファミリーバイク特約がおすすめ

ファミリーバイク特約がおすすめ・全労済 バイク保険|見積もり・金額・料金・値段・保険料

あなたがお乗りのバイクが125cc以下の原付バイクなら、単体のバイク保険よりファミリーバイク特約がおすすめです。※全労済では「マイバイク特約」と呼びます

(運転免許で「原付バイク」というと50cc以下のバイクのことですが、保険では125cc以下のバイクのことを「原付バイク」といいます)

ファミリーバイク特約は自動車保険の特約なので、まず自動車保険の契約があることが前提ですが、料金にしても補償内容にしても、びっくりするほど内容が充実しています。

ファミリーバイク特約はどの保険会社でも扱っているので、すでに自動車保険の契約がある方は一考の価値があると思います。

ファミリーバイク特約:保険料比較一覧
保険会社 自損事故型 人身傷害型
ソニー損保  8,090円  21,820円
おとなの自動車保険(セゾン損保)  6,520円  18,240円
アクサダイレクト  7,300円  なし
チューリッヒ  11,020円  なし
三井ダイレクト  10,270円  14,130円
イーデザイン損保  10,540円  なし
SBI損保  7,950円  21,710円
損保ジャパン  9,370円  29,690円
東京海上日動  9,960円  24,800円
三井住友海上  11,500円  38,480円
あいおいニッセイ  10,750円  34,710円
JA共済(農協)  4,380円  なし
全労済  不明  7,980円

(2019年4月時点の試算結果)

※三井ダイレクトのファミリーバイク特約は3タイプありますがウェブ見積の画面では自損型と人身傷害型しか選択できないので上の表では2タイプのみの表示です

※上記ファミリーバイク特約の保険料は「定額」です。つまり等級・年齢条件が変わっても保険料は変わりません

※全労済のホームページでの見積もり試算では主契約のマイカー共済に人身傷害が付いたプランしか計算できないので自損事故型の保険料は「不明」としました

ファミリーバイク特約は万能|自損型・人身傷害型|詳細解説

2019.03.24

ご覧いただきありがとうございました。