カムギアトレーンとは|構造・仕組み|メリット・デメリット|音の特徴

カムギアトレーン・とは・バイク・メリット・デメリット

画像:HONDA.co.jp様より

カムギアトレーンとは:構造・仕組み

カムギアトレーンとは、4サイクルエンジンで吸排気バルブを作動させるカム、このカムを動かす装置のことです。

いわゆるタイミングベルトとかタイミングチェーンと同じ役割を果たす装置です。

車であれバイクであれ、一般的な4サイクルエンジンでは、クランクシャフトとカムシャフトがベルトあるいはチェーンで連結されていて、クランクシャフトの回転をカムシャフトに伝え、一本の棒であるカムシャフトは串刺しにした複数のカムを作動させることで吸排気バルブの開閉を行います。

カムギアトレーンは、こうしたベルトあるいはチェーンが果たしている役割を複数のギアの連結によって行っています。

レース車両などの高回転・高出力のエンジンに使われたり、農業機械や産業用のディーゼルエンジンにも多用されています。

しかし、製造コストが高いために、一部バイク以外の市販車にはあまり採用されていない機構です。

メリット

カムギアトレーンのメリットは以下の通りです。

  • チェーンやベルトではテンショナーなどの押さえつけ機構が必要だがカムギアトレーンには不要
  • カムギアトレーン自身の振動が少なく、バルブタイミングの精度を高めることができる
  • バルブタイミングの精度の高さからレース車両にも使える機構

デメリット

カムギアトレーンのデメリットは以下の通りです。

  • タイミングチェーンやタイミングベルトに比べて駆動損失が大きい※バルブタイミングの精度は高いが駆動損失は大きいということ
  • コストが高くなる

音の特徴

タイミングベルトは音が静かですが、タイミングチェーンはやや金属質の音がします。

カムギアトレーンはギアの塊なので、チェーンよりさらに金属質の音がします。まるで電動モーターのような高音の響きです。

バイクでは、ホンダのホーネット250が有名です。ただし生産終了車ですが。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。