スパークプラグ不具合の原因|オイル上がりやオイル下がりで点火プラグに異常

オイル上がり・オイル下がり・スパークプラグ・点火プラグ

オイル上がり・オイル下がり

エンジンオイルを定期的に交換しないでいると、オイルの中にエンジン各部の金属カスが混じるようになり、この金属カスが様々な悪さをします。

たとえば、ピストンリングやシリンダーの内壁に金属カスが傷をつけ、そこに隙間が発生します。すると、本来燃焼室内に入ってはいけないエンジンオイルが侵入し、混合気と一緒に燃焼することになります。しかし、そもそもエンジンは空気と燃料の比率を計算したうえで燃料が供給されているのですから、そこへ計算外のエンジンオイルが混ざれば、燃焼室内の燃え方は不完全でヘンな燃え方になってしまいます。その結果、マフラーから白い煙や黒い煙が出たりします。これが「オイル上がり」と呼ばれる現象です。

一方で、エンジンオイルに混じった金属片は、吸排気バルブにも悪さをします。バルブが完全に閉じるにはバルブとステムシール(パッキンの役目)がぴったりと密着する必要がありますが、オイルに混入した金属片がステムシールを傷つけたり硬化させたりし、隙間を作ってしまうのです。すると、吸排気バルブが完全に閉じなくなって、その隙間からエンジンオイルが燃焼室に侵入し、オイル上がりの時と同じように、燃焼室内で不完全でヘンな燃焼を発生させてしまい、やはりマフラーから白煙が出たりします。これが「オイル下がり」です。

スパークプラグに悪影響

オイル上がりやオイル下がりになると、燃焼室内にエンジンオイルが侵入しますから、点火プラグにも悪さをします。プラグの点火口の部分にオイルカスがたまるのです。確かに、たとえエンジンオイルの侵入がなくても点火プラグは経年劣化で点火口にカスがたまることはありますが、オイルカスはそれとは比べ物にならない速度で一気にプラグの能力を低下させます。アイドリングが不安定になったり、加速性能が落ちたり、とにかくエンジンの調子がおかしくなってしまいます。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。