【3分記事】ステアリング(ハンドル)のセンター出し|タイロッド調整|ディーラーの工賃は?

ハンドル・センター出し・ステアリング・ディーラー・工賃・タイロッド

ステアリング(ハンドル)のセンター出しとは:タイロッド調整

ステアリング(ハンドル)が左右にズレることがあります。左右対称の本来の位置に据えて車を走らせたところ、右あるいは左に車が進んでいってしまうという現象です。

こういう症状が出たら、「センター出し」をする必要があります。元に戻す作業です。

そもそも、どうしてステアリング(ハンドル)が左右にズレるかと言うと、様々なきっかけが考えられます。

  • 車検に出して戻ってきたらズレていた
  • タイヤ交換したらズレていた
  • サスペンションを交換したらズレていた

だいたいこうしたケースがほとんどでしょう。わたしも車検に出したら右にズレていたことがありました。

こうなったら元に戻すのですが、それにはタイロッドを調整する必要があります。

タイロッド(ラックエンド)とは、ハンドルとタイヤの間にあるパーツで、ハンドルを切ると、その動きがラックピニオンに伝わり、そこからタイロッドを通じて、最終的にタイヤを動かします。

タイロッドの調整は、慣れた人なら自分でできますが、その際、調整後にアライメントテスターで最終確認する必要があります。

もしもアライメントテスターを持っていなかったら、ディーラーとか整備工場で調整してもらうと安心で確実です。

つまり、ハンドルのセンター出しそのものは自分でもできますが、ただそれだけでは4輪のアライメントが狂ったままであることがあり、そのため、アライメントテスターにかけることが必須です。

工賃

ステアリング(ハンドル)のセンター出しを、アライメントテスターのあるディーラーや整備工場に依頼した場合、工賃は5,000円~8,000円くらいになると思います。

ただし、車検の際に「ついでに」やってもらう場合は上記の半額くらいになると思います。

下記のステアリング関連の記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります!