オートマのオーバードライブとは|使い方|CVTには付いてないが…

オーバードライブ・とは・AT・CVT・使い方

オーバードライブとは

運転席のシフトレバーにオーバードライブ(O/D)のスイッチが付いた車は少なくなっています。

このオーバードライブとは、トルクコンバーター式のオートマチック車に特有のスイッチで、現在の日本車で主流となっているCVT(無段階変速機)には付いていません。

オーバードライブとは、その変速装置のうちの最も上のギアのことです。もしも4速オートマなら4速がオーバードライブです。5速オートマなら5速がオーバードライブです。

オーバードライブ(O/D)のスイッチはON/OFFができます。たとえば5速オートマの車でオーバードライブをOFFにしたら、5速は使えない状態になるので、実質4速オートマチックということになります。

使い方

5速オートマの車でご説明します。

普通の走行ではDレンジに入れっぱなしで問題ありません。しかし、長い下り坂に差し掛かった場合、オーバードライブがONになった状態だと、車は5速のまま下ることになり、スピードがどんどん上がってしまって頻繁にブレーキを使わなければなりません。あまりブレーキの使用頻度が高いとべーパーロック現象が発生してブレーキが効かなくなってしまいます。※べーパーロック現象とは、頻繁なブレーキングにより油圧システム内に熱で気泡が発生してブレーキが効かなくなることです 

そこで、オーバードライブをOFFにすると、いわゆるエンジンブレーキを使用できるようになります。4速、3速、2速と自由に選択して、ブレーキを使わずに速度を調節できます。

CVTにオーバードライブはない

無段変速機であるCVTは現在の日本車の主流になりつつあります。

CVTにオーバードライブはありません。

そのかわりに、メーカーによって多少異なりますが、基本となるDレンジの他に、SレンジやBレンジがあって、場面によって使い分けができるようになっています。

一般的に、Sレンジはスポーツ走行に適したモードです。Bレンジはエンジンブレーキを使用したい場面に適しています。

本来CVTにギアはありませんが、プーリーの位置を固定することで疑似的にギアを作り出しています。

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。