【3分記事】ロードスター(ND型)は生産中止?電動化で廃止・終了する?

ロードスター・nd・生産中止・生産終了・廃止




ロードスター(ND型)は生産中止?電動化で廃止・終了する?

※トップ画像はND型ロードスター(Wikipedia様より)

この記事を書いている2021年9月22日現在、マツダのロードスターの現行型は2015年から販売されているND型(ND系)であり、4代目です。※ロードスターRFは2016年から

初代ロードスターがスタートしたのが1989年、2代目が1998年、3代目が2005年ですから、フルモデルチェンジの間隔は、それぞれ9年、7年、10年ということになります。

こうした過去を参考に将来のフルモデルチェンジを予想すると、2023年~2025年あたりが次期(5代目)ロードスターが出る時期ではないかと思われます。

ところが、です。

マツダは2021年6月17日に「中期技術・商品方針説明会」をマスコミに向けて実施したのですが、それは2020年にすでに公表していた中期経営計画の見直しを踏まえた内容で、その主な項目は、

電動車を2022年から2025年の3年間で13車種導入

②2030年に100%電動化

というものでした。

ここで言う「電動車」または「電動化」とは、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、EV(電気自動車)のすべてを含んでいます。※EUが勝手にルール作りを先導している「ハイブリッドを含まないEV」とは概念が異なります。EUのルールは日本のハイブリッド技術を排除することがその主要な目的であることは明白です(これは私の私見というより日本の自動車業界人の常識でしょう。実際、車の生産から使用、そして廃棄までの全工程で考えると、EV車よりハイブリッド車の方が二酸化炭素の排出量は少ないというデータがあります)

さて、現行型ロードスター(ND)は、RFを含めてすべてガソリンエンジンですから、仮にロードスターの次期型が生産継続されることになったとしても、現行型のようなガソリンエンジンのみのロードスターは恐らく生産中止・生産終了・廃止・廃版ということになる可能性は大です。

というか、中期目標の文言通りであれば、確実にガソリンエンジンのみのロードスターは生産中止になるでしょう。

すると、わたしたち自動車ファン、マツダファン、ロードスターファンの関心事は次の3点に集約されると思います。

  1. ロードスターはフルモデルチェンジされて次期型(NE型?)が出るのか
  2. 次期型が出るとしたらいつ頃出るのか。2023年か、2024年か、2025年か、それとももっと遅くなるのか
  3. 次期型はハイブリッドになるのか、EVになるのか、それとも両方とも製造されるのか

こうした疑問に対して、マツダの専務執行役員は上記「中期技術・商品方針説明会」の中で次のような内容の返答をしています。

2030年までの電動化ロードマップの実施範囲にはロードスターも入っている

つまり、まず間違いなくロードスターはフルモデルチェンジされた次期型が発売されるということ、そしてハイブリッドになるかEVになるかはわからないものの「電動化」されるということ、この2点は動かないということです。

次期型ロードスターを予想(妄想)する

というわけで、現行型ロードスターであるND型(ND系)は、電動化されてNE型(NE系)?になることは確実なようです。

うれしいですね。

ただし、生産中止にならない点は安心しましたが、電動化されれば、それがハイブリッドであれEVであれ、車体重量が今より重くなるだろうことはほぼ確実でしょう。

駆動用バッテリーは一定の重量を伴うので、これは他のハイブリッド化やEV化の実例を見れば火を見るより明らかです。

本来「ライトウェイトスポーツ」を標榜してきたマツダのロードスターが「肥満化」したら、これは悪い冗談のような話になります。

あるいは、これには次のような反論もあるでしょう。

多くのハイブリッド車やEV車に乗ればわかるように、モーター駆動は強力なので、もしもロードスターが100キロ~150キロ今より重くなったとしても、その重量増を感じさせないほどの加速性能や運動特性を示すはずで、重量増加はそれほど心配するような問題ではないだろう

ふむふむ。

確かにそれは一理ある意見だと思います。

ただ、「パワーがあれば車は実際より軽く感じる」というのはディーラーの試乗などでチョイ乗りした時の感じ方であって、マイカーとして車を所有し生活の友として毎日乗り続ける場合、実際の車の重量というのはウソをつかないもので、重い車は様々なシーンでその重さをはっきり示すものであって、やはりロードスターが重くなるとしたら、それは「事件」であり、決して軽い問題ではないはずだ、というのが私の意見です。

みなさんはどうお考えですか?

「ND」の次は「NE」だろうという根拠について

ロードスターの型式はとても分かりやすくなっています。

  • 1代目:NA
  • 2代目:NB
  • 3代目:NC
  • 4代目:ND

というように、歴代ロードスターの型式表示はA、B、C、Dという順番になっているので、今後発売されるであろう5代目ロードスターは、必然的にNE系になるだろうという予測が立ちます。

※具体的には、車検証の型式欄に、たとえば「5BA-ND5RC」とあったら、「ハイフン」の後にくるアルファベットで何代目か見分けがつきます。この例では「ND」ですから4代目ということになります。

全国のロードスターオーナーの皆さんは、

「うちのはNCだけど、加速は・・・」

といった会話をするわけです。

ちなみに、私はNBロードスターに乗っていた時期があります。

ATでしたが、今にして思うとMTにしておけばよかったと悔やんでいます。

電動化された場合、トランスミッションはどうなるのでしょう?

ああ、また悩みが増えてしまいましたね(笑)。

【5分記事】ロードスターのATはダサいとは思わないがモッタイナイかも

2021.05.06

ご覧いただきありがとうございました。