バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

バイク保険・安い・見積もり・新規・シミュレーション・種類・等級

ネットで単体のバイク保険(バイク任意保険)の見積もりを取るなら、実質的に3社しか選択の余地はありません。

アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社です。

他の保険会社は本気でネット契約を増やそうとは考えていません。

大手代理店型の保険会社はすべてバイク保険を取り扱っていますが、ホームページで保険料の試算さえできない始末です。

やる気が無いのです。

代理店経由だけを頼りにしていてネットで新規顧客を募集する意思がないということです。

またソニー損保・おとなの自動車保険・イーデザイン損保・SBI損保・セコム損保などはそもそもバイク保険を扱っていません。

結局3社だけです。

アクサダイレクトとチューリッヒと三井ダイレクトでは50cc・125cc・250cc・400cc超のバイク任意保険に本気で取り組んでいます。

以下詳しい内容を解説しているのでしばらくお付き合いいただけると幸いです。

バイク保険:各保険会社の取扱有無

各保険会社の取扱有無・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

バイクには様々な分類の仕方がありますが、保険との関係ではつぎの3つの分類が重要です。

  1. 125cc以下のバイク(原付バイク)※保険で「原付バイク」というときは125cc以下のバイクのことです
  2. 125cc超~250cc以下
  3. 250cc超

①の125cc以下のバイクは単独のバイク保険(任意保険)も付けられますし、自動車保険の特約であるファミリーバイク特約を付けることもできます。【⇒ファミリーバイク特約

②と③のバイクは単独のバイク保険(任意保険)しか選べません。

ファミリーバイク特約・バイク保険取扱有無
保険会社 ファミリーバイク特約 バイク保険
アクサダイレクト  ◯
チューリッヒ  ◯※車両保険あり
三井ダイレクト  ◯
ソニー損保  ×
おとなの自動車保険  ×
イーデザイン損保  ×
SBI損保  ×
損保ジャパン  ◯※車両保険あり
東京海上日動  ◯※車両保険あり
三井住友海上  ◯※車両保険あり
あいおいニッセイ  ◯※車両保険あり

原付バイク(125cc以下)なら、料金と補償内容から見て、ファミリーバイク特約の方が断然コスパが良いと思います。

バイク保険:インターネット契約するなら実質的に3社のみ

インターネット契約するなら実質的に3社・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

ネットで単独のバイク保険(任意保険)を契約しようとする場合、わたしたちが選べる保険会社は実質的に3社だけです。

アクサダイレクトとチューリッヒと三井ダイレクトです。

この3社のホームページではバイク保険の見積もり・試算が簡単にできます。

また一括見積もりサイトにもこの3社は参加しています。

つまり単独でも一括でも入力した結果がすぐに返ってくるのはこの3社だけです。

バイク保険を扱っている大手代理店型の保険会社(損保ジャパン・東京海上日動・三井住友海上・あいおいニッセイ)のホームページでは、そもそもバイク保険を扱っているのかよくわからない会社もありますし、またどの会社のホームページでもバイク保険の試算ができません。※自動車保険はできます。したがってファミリーバイク特約の試算はできます。このページにわたしが試算したファミリーバイク特約の保険料比較があります

なお、ソニー損保・おとなの自動車保険・イーデザイン損保・SBI損保などの通販社はそもそもバイク保険を扱っていません。

バイク保険:3社の保険料水準を比較する

3社の保険料水準を比較・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

ネットでバイク保険(任意保険)を検討するならアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社しか選択の余地はありません。

そこで、これら3社の保険料水準を比較してみました。

ほぼ同じ条件で保険料の試算をした結果が下記の表です。

(全)は全年齢、(21)は21才以上のことです。

バイク保険比較表
保険会社 125cc以下 125cc超~250cc以下 250cc超
アクサダイレクト (全)48,850円 (全)87,690円 (全)97,120円
(21)28,640円 (21)47,310円 (21)52,060円
チューリッヒ (全)64,110円 (全)172,440円 (全)172,440円
(21)39,760円 (21)47,220円 (21)47,220円
三井ダイレクト (全)52,150円 (全)88,670円 (全)88,670円
(21)26,950円 (21)42,700円 (21)42,700円

(2019年4月時点の各社ホームページでの試算結果)

【試算条件】新規 / 対人:無制限 / 対物:無制限 / 搭乗者傷害:300万 / 自損事故傷害保険1500万 / 無保険車傷害保険2億円 / ロードサービス付 / インターネット割引適用※上記3社だけでなくどの会社のバイク保険にもロードサービスが自動セットされています

年齢条件は、26才以上や30才以上を選べる会社もありますが、3社に共通している全年齢と21才以上だけで比較しました。

上記比較表でおおよその保険料水準がわかると思います。

アクサダイレクトと三井ダイレクトはほぼ同水準です

チューリッヒは全年齢が突出して高いです

※このように突出して高い保険料を設定しているのは最初から他社と競合する意思がないからです。「ウチは免許取り立てで事故率が高いお客さんはパスします」という意思表示です。「全年齢は扱いません」と表示するとタクシーの乗車拒否みたいで印象が悪いので、こういう形で実質的に契約を抑制しているわけです。

バイク保険:3社の年齢条件を比較

3社の年齢条件を比較・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトでは設定できる年齢条件に違いがあります。

もっとも細分化されているのがチューリッヒです。

前の項目の保険料比較ではややチューリッヒの分が悪かったのですが、26才以上とか30才以上で加入する場合はチューリッヒが優位に立つかもしれません

以下参考になさってください。

3社・年齢条件比較
保険会社 125cc以下 125cc超~250cc以下 250cc超
アクサダイレクト 全年齢・21才 全年齢・21才 全年齢・21才
チューリッヒ 全年齢・21才・26才・30才 全年齢・21才・26才・30才 全年齢・21才・26才・30才
三井ダイレクト 全年齢・21才 全年齢・21才・26才 全年齢・21才・26才

(2019年4月時点)

バイク保険:3社のロードサービスを比較

3社のロードサービスを比較・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

アクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社のバイク保険(任意保険)にはロードサービスが自動セットされています。

ロードサービスは基本補償に組み込まれているので別途保険料は必要ありません。

4輪の自動車の場合は少々の事故では自力走行可能なケースもありますが、バイクの場合は自力走行不可になるケースも多く、そんな時にロードサービスは大いに頼りになるサービスです。

なお、ロードサービスの内容は細かい部分で各社異なる点がありますが、ここでは主な対象サービスを比較しています。

バイク保険・ロードサービス・3社比較
アクサダイレクト チューリッヒ 三井ダイレクト
バッテリー上がり  ◯

※保険期間中1回まで

 ◯

※保険期間中1回まで

 ◯

※保険期間中1回まで

キー閉じ込み  ◯  ◯  ◯
ガス欠  ◯

※保険期間中1回まで。1年目は有料

※保険期間中1回まで。10リットルまで無料

 ◯

※保険期間中1回まで。有料(10リットル)

タイヤのパンク  ◯

※スペアタイアに交換

※スペアタイアに交換

※スペアタイアに交換

エンジンオイル・冷却水補充・バルブ交換等  ◯  ◯  ◯
落輪引上げ  ◯  ◯  ◯
レッカー移動  ◯

※無料で距離無制限

 ◯

※無料で100kmまで

 ◯

※無料で距離無制限

宿泊・帰宅費用  ◯  ◯  なし
ペット宿泊費用  ◯  ◯  なし
修理後車両引取費用  ◯  ◯  なし

ご覧のように、ロードサービスに関してはアクサダイレクトとチューリッヒがほぼ同等の内容です。

三井ダイレクトには宿泊費用や帰宅費用がなく、自宅から離れた場所で事故にあった場合のサービスがやや手薄です。※とは言えレッカー移動その他は付いているので大いに困るような内容ではありませんが

バイク保険:3社の補償内容を比較

3社の補償内容を比較・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり
3社の補償内容比較
アクサダイレクト チューリッヒ 三井ダイレクト
対人賠償保険  ◯  ◯  ◯
対物賠償保険  ◯  ◯

※任意で対物超過特約を付帯可能

 ◯
自損事故保険 人身傷害補償特約をセットしている場合は人身傷害補償特約で補償 人身傷害保険の付帯がない契約に自動付帯 任意セット
無保険者傷害保険 自動セット

※人身傷害補償特約をセットしている場合は人身傷害補償特約から優先して支払う

自動セット

※2019年1月1日以降の契約から自動付帯

自動セット
人身傷害保険 人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方あるいはいずれか1つを選択  任意セット

※全年齢と21歳以上には付帯できない。また原付バイクにも付帯できない

 任意セット
搭乗者傷害保険 人身傷害保険と搭乗者傷害保険の両方あるいはいずれか1つを選択  任意セット  任意セット
車両保険  ☓  ◯

※車対車事故のみ

 ☓
弁護士費用特約  ◯  ☓

上記以外にいくつか特約を用意している会社もありますが、基本補償に関しては3社とも大きく違いはありません。

車両保険はチューリッヒのみ付帯可能ですが、車やバイクが相手の事故(車対車)に限定されます。その際、相手の車と運転者または所有者が特定される場合のみ補償されます。また盗難は対象外になるので注意してください。盗難には「盗難時の臨時費用特約」を付けることで5万円まで補償されます(原付バイクには付帯できない)

人身傷害保険と搭乗者傷害保険はバイク運転者・同乗者が死傷した場合に保険金が出ますが、両方に入っている場合は両方の保険から保険金が出ます。

人身傷害保険は過失割合に関係なく治療費の全額・休業損害・精神的損害・逸失利益・後遺障害の介護料などが出る補償なので、保険料は高くなりますが加入をおすすめします。※人身傷害保険を付ければ搭乗者傷害保険はどっちでもいいと思います

アクサダイレクトとチューリッヒには弁護士費用特約が付けられますが、これは相手に100%の過失があるもらい事故などの被害にあった場合に役立ちます。もらい事故では自分の保険会社は示談交渉してくれませんから(法的に不可)、弁護士に示談交渉を丸投げできます。

バイク保険:結局3社のうちのどこがベストか?

結局3社のどこがベストか・バイク保険 安い|原付・125・250・400|見積もり

自動車保険と同じようにバイク保険も年齢条件、等級、補償内容で保険料は大きく変動します。

ですが、大まかな傾向としては、年齢が若い人はアクサダイレクトか三井ダイレクトが安いと思います。

30才以上の方ならチューリッヒがいいかもしれません。

また250cc超のバイクの場合もチューリッヒがいいかもしれません。

いずれにしても、正確な保険料は実際に見積もりしてみないとわかりません。

基本補償やロードサービスに関しては3社とも大差ありませんから、やはり、決め手は保険料だと思います。

下記の一括見積もりサイトではアクサダイレクト・チューリッヒ・三井ダイレクトの3社の保険料を一度の入力で一括して比較できます。

インズウェブ・バイク保険一括見積り

ご覧いただきありがとうございました。