無効噴射時間とは|測定方法とセッティング|ソレノイドの反応と開弁の遅延時間

無効噴射時間・とは・測定・セッティング・測定方法

画像:Wikipediaより

無効噴射時間とは

無効噴射時間とは、エンジンの燃料噴射装置であるインジェクターにかかわります。

インジェクターはシリンダー内に燃料を噴射する装置ですが、詳細に見ると、インジェクター内のソレノイドコイルに電流が流れることで噴射弁が開く構造になっています。

その際、ECUから噴射の指令がソレノイドコイルに伝達され、ソレノイドコイルに開弁のための電流が流れたとしても、噴射弁の性質上、開弁には一定の機械的な時間がかかります。指令と同時、というわけにいきません。

このように、ソレノイドコイルに電流が流れ始めてから実際に噴射弁が開くまでの遅延時間のことを無効噴射時間と呼びます。

無効噴射時間は開弁だけでなく閉弁の際も発生するのですが、ただし、噴射弁の性質上、弁が閉じるときの機械的動きは瞬間的なもので、特に問題にはなりません。無効噴射時間が問題になるのは、あくまでも噴射弁が開くまでの遅延時間です。

測定方法とセッティング

無効噴射時間が常にどんなケースでも全く同じタイムだけかかるのであれば、最初にその遅延分をセッティングしておけばノートラブルということになります。

しかし、無効噴射時間は電圧の変化でそのタイムが変動します。たとえば、ヘッドライトを点灯している場合とか、カーナビやカーオーディオなどの比較的電圧変化の大きな電装品がONになっている場合とOFFになっている場合では、遅延時間に長短が生じます。

そこで、一般的なフルコンでは、各電圧ごとの無効噴射時間を設定する項目があって、そこにデータを打ち込んでやれば、たとえ電圧が変化しても常に一定の無効噴射時間になるように補正をかけてくれる機能があります。

したがって、最初に各電圧ごとの時間を測定してセッティングしておけば、実用的なインジェクターとして使用可能になります。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。