OHCエンジン=SOHCエンジンとは|構造・仕組み|メリット・デメリット

sohc・ohc・エンジン・とは・構造・仕組み・メリット・デメリット

画像:Wikipedia様より

まず名称について

OHCはOver Head Camshaftの略であり、SOHCはSingle Over Head Camshaftの略です。

この両者は同じエンジン形式です。OHCとSOHCは全く同じもので、そもそもSOHCという名称はこの世に存在しませんでした。

しかし、後にDOHC(Double Over Head Camshaft)が世に出たことから、カムシャフトが2本ではなく1本であるという意味で、OHCをSOHCと呼ぶようになったのです。

いわゆるレトロニム(再命名)です。パソコンはただパソコンと呼ばれていましたが、ノート型が出現したことでデスクトップパソコンと呼ばれるようになりました。

電話もただ電話と呼ばれていましたが、携帯電話が出現したことで固定電話と呼ばれるようになりました。

OHCも単にOHCと呼ばれていましたが、DOHCが出現したことで、SOHCと再命名されたわけです。

OHC(SOHC)エンジンとは:構造と仕組み

OHC(SOHC)エンジンとは、ピストンの往復運動で出力を発生するレシプロエンジンの一形式です。

1本のカムシャフトがピストンの頭上にある形式のエンジンです。カムシャフトが2本あるとDOHCになります。

カムシャフトがピストンの上にあるということは、吸排気バルブもピストンの上にあります。この点ではOHVやDOHCと全く同じです。ただし、その吸排気バルブを作動させる装置であるカムシャフトもピストンの上にある点ではDOHCと同じですが、OHVのカムシャフトはシリンダーブロックの横にあり、この点が大きく異なっています。

さて、OHC(SOHC)とDOHCはカムシャフトが燃焼室の上にある点は共通ですが、異なるのはカムシャフトの本数とその使い途です。

OHC(SOHC)は1本のカムシャフトで吸排気バルブを作動させるのに対して、DOHCは吸気バルブに1本、排気バルブに1本、とそれぞれカムシャフトを配置しています。

メリット

OHC(SOHC)エンジンのメリットは以下の通りです。

  1. OHVに比べて高回転・高出力を得やすい
  2. OHVやDOHCと比べて小型・軽量・安価である
  3. OHVやDOHCと比べて燃費性能がいい
  4. OHVやDOHCと比べて排出ガス規制に対応しやすい

デメリット

  1. DOHCに比べると高回転が出しにくい
  2. DOHCに比べるとバルブタイミングの幅が狭い
  3. DOHCに比べると高回転時にバルブジャンプやバルブサージングが発生しやすい

ただし、上記デメリットはあくまでも一般論であって、OHC(SOHC)でもDOHCに劣らない高性能なエンジンを作ることは可能。今はDOHCのほうが主流となっているけれど、これはある種の「流行」であって、技術的にはSOHCでも高性能エンジンは作れるようです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。