AT車でキックダウンしないのは?CVTやトルコンATでアクセルを床まで踏み込むと・・・

AT・CVT・オートマチック・キックダウン・やり方・方法・しない

強く踏み込めばキックダウンします

「キックダウン」とは、オートマチックトランスミッション(AT)で、アクセルペダルを床まで踏みつけた場合に、ギアがシフトダウンする現象のことです。

別に床まで踏みつけなくても、ある程度深く、そして急激に踏み込めば、シフトダウンします。

たとえば、高速道路で本線に合流する場合、流れに乗るためにアクセルをベタ踏みすると、それまで4速とか5速に入っていたギアが2速にシフトダウンして元気よく加速していきます。これがキックダウンです。

キックダウンはCVTでもトルクコンバーター式AT(従来のAT)でも発生します。ただし、CVTはもともと無段変速なので、シフトダウンするといっても「疑似的な低速ギア」に入るだけですが、しかし、キックダウンすればちゃんとトルクフルな加速を始めます。

そもそもCVTもトルコンATも、車速とアクセル開度を常にコンピュータがモニターしています。100キロ走行時にアクセルを5センチ踏み込んでいて、いきなり10センチ踏み込めば、コンピュータが「ドライバーは急加速を望んでいる」と判断して低いギア(疑似的なギア)に落とし、力強い加速を始めます。

キックダウンしないとしたら、それは踏み方が足りないからです

道路がやや上り坂に差し掛かった際に、ちょっとアクセルを踏み込んでも、なかなかシフトダウンしないことがあります。

それは、もともとギア数(疑似的なギア数)が少ないAT車に起こりやすい現象です。

4段オートマチックというようなケースでは、ちょっとアクセルを踏んだ程度ではシフトダウンしてくれません。7段とか8段のATならすぐにシフトダウンするでしょう。

そういう場合は、思いっきり床までアクセルを踏みつけてください。いわゆる「ベタ踏み」です。

そうすれば、必ずギア(疑似的なギア)はシフトダウンし、力強い加速を始めるはずです。

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。