【海外の評価】トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250):ランクル250の海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023年12月12日

【海外の評価】トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250):ランクル250の海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

Toyota Land Cruiser 250:TOYOTA

2023年8月2日、トヨタ自動車は次の発表を行いました。

  • 新型プラドが「ランドクルーザー 250」として登場!
  • “70”も再導入!
  • 2024年前半販売予定!
  • これでランクル3系統が揃い踏み!

具体的には以下の通りです。

項目内容
発表日2023年8月2日(日本時間)
ランドクルーザー250が登場!ランドクルーザー300の弟分として250が登場します。
250の特徴「ランクル・プラド」の後継車として登場
日本での発売予定2024年前半
ヘビーデューティーモデルも登場販売休止中だったランドクルーザー70が新しくなって再投入されます。
70の投入時期2023年冬の予定。
ランクルの歴史1951年8月1日に誕生。
ランクルの販売台数約170の国と地域で累計1130万台(2023年6月時点)
ランクルは3系統ステーションワゴン(“300”シリーズ)、ヘビーデューティーモデル(“70”シリーズ)、ライトデューティーモデル(“プラド”)

トヨタ・ランドクルーザー(ランクル)とはどんな車?

ランクルには3系統のシリーズがあります。

  • ステーションワゴン(“300”シリーズ)
  • ヘビーデューティーモデル(“70”シリーズ)
  • ライトデューティーモデル(“プラド”)

の3系統です。

今回、70シリーズが再投入され、プラドが250に引き継がれることにより、2024年中にはランクルの3系統が「現役」として勢ぞろいすることになります。

そこで、あらためてランドクルーザー(ランクル)の歴史を簡単に振り返ってみましょう。

トヨタ・ランドクルーザーの起源

トヨタ・ランドクルーザーは、1951年から製造・販売が始まった大型クロスカントリー車で、日本では「ランクル」の愛称で広く知られています。

「ジープBJ型」から1954年に「ランドクルーザー」に変更され、現在も新車として販売されている車種です。

一つの車名で継続生産されている日本製の自動車の商標としては70年を超える最も長い歴史を持っています。

※日産の長寿車種「スカイライン」は1957年から。ランクルはさらに6年早く登場していることになります。

ランドクルーザーの特徴と評価

ランドクルーザーは世界的に著名なクロスカントリー車で、その耐久性は世界中で高い評価を受けています。

特に、高価格で高級感が高まった80系以降のモデルは自動車盗難の筆頭として広く知られています。

現在のステーションワゴン系の車種はランドクルーザー300であり、100系、200系時代は、欧州など仕向け地によっては車名がランドクルーザー V8となっていました。

ランドクルーザーの進化と展開

ランドクルーザーは生産当初は幌モデルのみでスタートしましたが、現在は、

  • ステーションワゴン」:4ドアの大柄な車体と先進および高級装備を持つ
  • 70ヘビー系」:主に業務用途向けとして多彩な車種を展開する(ヘビーデューティ)
  • ランドクルーザー プラド」:「70ライト系」(ライトデューティ、日本国内での車名はランドクルーザーワゴン)から発展した

という、車格も仕様も異にする三系列が並行して生産・販売されています。

ランドクルーザーの生産と販売の実績

約170の国と地域で累計1130万台(2023年6月時点)。

(※参考)やや古いデータになりますが、2017年までの全世界におけるハイラックスの累計販売台数は約1772万台です。ランクルとハイラックスを合算すると約3000万台です!しかもこの2車種は耐久性抜群で、年式の古い車両もまだまだ現役で走っているので、まさに地球上が「TOYOTA」だらけです!!

実際、ランドクルーザーは耐久性と信頼性の高さから、世界中の多くの人々に愛され続けています。ランクルの歴史と進化は、日本の自動車産業の誇りそのものです。

この車に乗る人は、単に「車に乗る」のではなく「歴史に乗る」という意識を持たざるを得ないはず。

トヨタ・ランドクルーザーの年表

  1. 前史:1941年 – 1951年
  2. BJ・FJ型(初代):1951年 – 1955年
  3. 20系:1955年 – 1960年
  4. 40系:1960年 – 1984年
  5. 55型56型:1967年 – 1980年
  6. 60系:1980年 – 1990年
  7. 70系:1984年 – 2004年、2014年 – 2015年
  8. 80系:1989年 – 1997年
  9. 100系:1998年 – 2007年
  10. 200系:2007年 – 2021年
  11. 300系:2021年 – 現行

以前、私の部屋(写真現像用の暗室)には、タイトルに「歴史を刻むNIKON」と印字された、歴代NIKON製カメラが勢揃いしている羨望と感動と誇りをまとったポスターが貼ってありました。

トヨタにもランクル(とハイラックス)のポスターを作成して欲しいですね。カッコいい画像が勢揃いしたポスターを作れば、日本国内だけでなく世界中で爆売れ間違いなし。

いえ、商売としてどうこうではなく、世界に向けてアピールし、地上に暮らす人々の記憶に焼き付けてもらうことが目的です。

こうした広報活動はものすごく大事なことだと思いますが。

消えゆくサブネーム「プラド」の歴史

トヨタのランドクルーザー70系は、多くのファンに支持されてきた歴史的な車種であり、その中でも「プラド」は特に注目を集めてきました。

プラドは、ランドクルーザー70系の派生車種として誕生したモデルです。

このモデルは、70系の足まわりを軽量化し、ハイラックスサーフやブリザードと共通のパワートレインを持つ乗用車モデルとして開発されました。

初期のプラドは、仕向け地によって様々な名前で呼ばれていましたが、日本国内での人気は一時期伸び悩んでいました。

しかし、1990年のマイナーチェンジを境に、その動向は大きく変わりました。

新しいデザインやエンジンの強化、そして「プラド」のサブネームの導入により、一気にトップクラスの人気モデルとなりました。

2代目のプラドでは、さらに進化を遂げ、ハイラックスやタコマとの共有化が進みました。

このモデルは、欧州市場でも大成功を収め、ランドクルーザーシリーズの中でも特に欧州向けSUVとしての性格が強まりました。

3代目、4代目ともに、オフロード性能だけでなく、オンロードでの走行性能や快適性も向上し、欧州では「ランドクルーザー」として、サブネームなしで販売されるようになりました。

特に4代目では、最新の電子デバイスや豪華な内装が採用され、ランクルの新たな魅力を引き出しました。

そして、2023年8月2日、トヨタは新型「ランドクルーザー250」を発表しました。

「プラド」というサブネームは歴史の中に消えていくことになりますが、プラドの魅力や歴史はファンの心の中で永遠に生き続けるでしょう。

「プラド」の年表

ランドクルーザーワゴン(1984年 – 1990年)
初代 J7 G/W型(1990年 – 1996年)
2代目 J90/95W型(1996年 – 2002年)
3代目 J12*W型(2002年 – 2009年)
4代目 J15*W型(2009年 – 2023年)

Driving Sports TVから。トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250)に関するレビューです。

項目詳細
デザイン新しいランドクルーザーはFJに似ており、エッジの効いたルックスとクールなヘッドライトを持っています。
バックドアバックドアには上部が開くガラスがあり、荷物を簡単に積むことができます。
インテリアトップグレードと比べて、基本モデルのインテリアはダウングレードされており、ファブリックのシートやマニュアル調整が特徴です。
セーフティ機能トヨタセーフティセンス3.0を完全に搭載しており、アダプティブクルーズコントロールやブラインドスポットモニタリングなどの機能があります。
オフロード機能センターロッキングディファレンシャル、リアロッカー、クロールコントロール、ヒルディセントなどのオフロード機能が装備されています。
トレーラー牽引このランドクルーザーは、トレーラー牽引用のヒッチを備えており、最大牽引容量は6,000ポンドです。
インフォテインメントシステムワイドスクリーンディスプレイを特徴とする最新のトヨタのインフォテインメントシステムが搭載されています。

Texas Truck Channelから。トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250)に関するレビューです。

項目詳細
スタイリングクラシックでオールドスクール(古き良き)なデザインとモダンなオフロードルックの組み合わせ。
ヘッドライト60シリーズからのインスピレーションを受けたボクシーなデザイン。
フォグライトリジッドフォグライトで、アンバーからホワイトに色を変えることができる。
アプローチアングル約30度。
スキッドプレートメタル製。
タイヤMichelin LTX Trail、265 70 18。
サスペンションダブルウィッシュボーンサスペンション。
インテリアトラディショナルでオールドスクールなデザイン。
ハッチスプリットハッチで、アクセサリーモードでゲージを表示。
シートブラウンのレザー。
ドライブモードノーマル、エコなどの選択が可能。
トラクションコントロールセンターロック機能付き。

MotoManTVのレビューから。英語の動画です。
項目詳細
デザインボクシーなデザイン。リアゲートは古風なデザインで、ガラス部分が開く。
類似性レクサスGXと非常に似ている。※ランクル250は3代目レクサスGXの姉妹車です。
内装新しいグローバルUXを採用。大きなトグルスイッチが特徴。
ダッシュボード他のランドクルーザーと似たデザイン。
モデル1958(基本モデル)、ランドクルーザー、ファーストエディション(限定5,000台)の3モデルが存在。
価格基本モデルは50,000ドル台半ばと予想される。

海外レビュー④:Toyota Land Cruiser 250 presented to the world

bworldonline.comから。トヨタ・ランドクルーザー250に関する英語のレビューです。

項目詳細
モデルの特徴ランドクルーザー250は、ランドクルーザーの原点に戻るという指示のもと、シンプルで頑丈な車として開発されました。この車は、顧客のライフスタイルや実用的なニーズを満たす信頼性の高い車として位置づけられています。
ランドクルーザーの位置づけ70シリーズはランドクルーザーの「エッセンス」、300シリーズは「頂点」、250シリーズは「中核」として説明されています。
走行性能250シリーズは、GA-Fプラットフォームを300シリーズと共有しており、ランドクルーザーとして初めてハイブリッドパワートレインや電動パワーステアリングを搭載しています。オフロードでの基本的な性能も向上しています。※日本仕様にハイブリッドが導入されるかは不明です。
コックピットの操作性ダカールラリーのチャンピオン、Akira Miuraの意見を取り入れ、直感的なコックピットコントロールを開発しました。簡単に識別・操作できるように設計されています。
車のデザイン250シリーズは、過酷な環境での機動性を考慮して、オーバーハングを短くし、プロポーションを計算しています。また、低いベルトライン、細いAピラー、角度のある構造で視認性を向上させています。

トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250)のライバル車とその特徴

トヨタ・ランドクルーザー250のライバル車とその特徴は以下の通りです。

車名特徴
ランドローバー・ディフェンダー伝統的なランドローバーのデザインを継承しつつ、現代的な装備を搭載したオフロードSUV。

⇒⇒レビュー記事

⇒⇒レビュー記事

⇒⇒レビュー記事

メルセデス-AMG Gクラス圧倒的なオフロード性能とラグジュアリーな内装を兼ね備えたプレミアムSUV。※価格はかけ離れていますが。

⇒⇒レビュー記事

ジープ・ラングラータフなボディと悪路走破性に定評のあるアメリカンSUV。

⇒⇒レビュー記事

フォード・ブロンコかつて大ヒットしたブロンコの復刻版。ラングラーとは異なる独自のデザインと性能を備える。

トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250)はどんな人におすすめ?

トヨタ・ランドクルーザープラドをおすすめしたい人々と、その理由についてまとめます。

おすすめする人理由
オフロード愛好者ランドクルーザープラドはオフロード走行性能が高い。
大家族安全性や広々とした室内空間が提供される。
長距離ドライブが好きな人快適な乗り心地と優れた燃費性能を持つ。
耐久性を求めるドライバー丈夫なフレームと高い耐久性が特徴。壊れないと思います。「だって人間だもの」・・・いや、「だってトヨタだもの」。
アウトドア活動を楽しむ人荷物の積載能力が高く、悪路でも安定した走行ができる。

トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250)に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないトヨタの他の車種があるとしたら、それは何?

車種魅力
トヨタ・ハリアー高級感あるデザインと快適な室内空間を持つSUV。

⇒⇒レビュー記事

トヨタ・ランドクルーザー300豪華な内装と強靭なオフロード走行性能を併せ持つ大型SUV。「兄貴」。

⇒⇒レビュー記事

トヨタ・RAV4都会的なデザインと最新の安全技術を装備した中型SUV。

⇒⇒レビュー記事

もちろん、2023年中に再投入されるランドクルーザー70にも大いに目移りするでしょう。

まとめ

【海外の評価】トヨタ・ランドクルーザー250(TOYOTA Land Cruiser 250):ランクル250の海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!…….のテーマで解説してきました。

ランクル・プラドからランクル250へ。

私は車の名称が変わるのが許せないタイプの人間で、意味もなくやたらと名前を変える傾向に怒りを覚えます。

文化的・精神的損失であることに気づかないのでしょうか?

ですが、私のような小さな存在が一人で怒っても世の中は何も変わりません。

それに、「プラド」は元々サブネームであり、正式名称はあくまでも「ランドクルーザー」ですから、そういう意味ではあまりカリカリする必要はないかもしれません。

ただ、せっかく育てた呼び名なのに、モッタイナイナ、カナシイナ、と思うのです。つまり、ソマツニアツカッテイルヨウニカンジテシマウ、のです。

とにかく、気を入れ替えましょう。

ランドクルーザー250。ランクル250。

オフロードもオンロードもとにかく頂点がランクル300、ややオンロード寄りがランクル250、ヘビーデューティーがランクル70。

サブネームを数字に統一してすっきりしたとも言えますね。※だったら最初からそうすればいいのに…とまだグニュグニュ言ってる粘着質な私。

いずれにしても、カッコいい車だと思います。みなさんもそう思いませんか?

この点は、文句なしです!

早く公道を走るランクル250にお目にかかりたいですね。

ご覧いただきありがとうございました。

プラドのリセール崩壊の理由と今後の展望:ランクル250登場でどうなる?

2023年5月4日
ランクル・プラド・後悔・でかすぎ・飽きる・購入

【徹底調査】ランクル プラドを購入して後悔する?でかすぎで飽きる?

2021年10月4日

【海外の評価】トヨタ・ランドクルーザー(TOYOTA Landcruiser):ランクルの海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

2023年7月28日

ランクルは日本の道路事情に合わない?乗ってる人のイメージと選択理由に迫る

2023年7月28日
ランクル300・ダサい

【徹底調査】ランクル300はダサい?ディスるコメントを集めてみました。

2021年8月26日

 

彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています

参照元・引用元:Wikipedia