ATのブリッピング|オートマなのにシフトダウンでブリッピングが入る?

ブリッピング・AT

ブリッピングが入るATがある

ブリッピングというのはアクセルを空ぶかしすることですが、どんな場面かというと、マニュアルミッション車(MT)でシフトダウンするシーンです。

コーナーに差し掛かり、たとえば5速を3速や2速にシフトダウンする場合、普通にアクセルを戻してからシフトダウンすると、5速と3速、あるいは5速と2速の回転差によって車がぎくしゃくしてしまいます。

そこで、シフトを5速からニュートラルにした時点で一度アクセルを空ぶかしして回転を上げておいて、その上がった回転に合わせて3速なり2速にシフトチェンジしてからクラッチをつなぐのです。

このようにブリッピングはMT車のテックニックとしては基本的なものですが、オートマチックトランスミッションの車(AT)でもこの機能を取り入れている車種が増えています。

採用車種

オートマ車なのにシフトダウン時に電子制御でブリッピングが入る車種は以下の通りです。

  • レガシィ・BRZ・インプレッサ
  • CX-5・アクセラ・アテンザ
  • ランサーエボリューション10・ギャランフォルティス
  • フーガ・シーマ・GT-R・スカイライン

などなど。

詳細はメーカーホームページかカタログでご確認ください。

ATにもいろいろある

オートマチックトランスミッション車(AT)にもいろんな方式があります。

トルクコンバーターを使用した、いわゆるトルコンAT。

無段変速機CVTのAT。

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)のAT。

こうしたATでは、シフトダウン時にブリッピングが入るものと入らないものがあります。購入する際は事前にグレード別の装備内容をご確認ください。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。