CVTをassy交換したら費用・工賃はいくら?リビルド品だと安くなる?

CVT・assy交換・費用・工賃・アッセンブリー・assembly・アッシー

ASSY交換の費用・工賃

CVT(無段変速機)は高いです。ASSEMBLY交換したら300,000円~500,000円はかかります。

リビルド品なら半額程度に抑えられるかもしれません。

5万キロあたりから不具合が発生する頻度が増します。10万キロ前後になると様々な不具合が出ることが多いです。

CVTは、以前は軽自動車や小型車にしか使われない変速機でしたが、最近は中型車や大型車にも使われるようになってきました。

耐久性もそれなりに上がってきているものの、トルクコンバーターを使ったATに比べると故障の頻度が高いです。

トルコンATでなくてCVTを使う大きな理由は燃費向上のためです。しかし、故障が多くて時にはassy交換しなければならないなら、結局トルコンATの方が安上がりです。

何といってもトルクコンバーターは10万キロ過ぎてもちょっと変速ショックが大きくなるだけで、20万キロでも平気で使えます。

話がそれました。

とにかくCVTで下記のような症状が出たら早めにディーラーや整備工場に車を持って行って診断してもらってください。早期に対応すればassembly交換しなくて済むかもしれません。

(CVTが劣化した場合の諸症状)

  • Dレンジに入れてもすぐに発進しない
  • 走行中にギアが空回りしている感じがある
  • 発進時にジャダー現象(異常な振動)が起きる
  • 加速が悪い
  • R(バックギア)に入りにくい

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、7月ですね。新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。怖いです。わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。完全に病気です。楽しいです。泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。手洗い病は当分のあいだ続きそうです。こんなことしかできません。