新型ソリオバンディット大解剖・口コミ・評価:「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



彼女目線で選ぶ!彼氏に乗って欲しいSUV車ランキング厳選34車!

2023年12月23日

【ジャンル別】買ってよかった車ランキングを大発表!詳細解説付

2023年12月23日

50代女性におすすめのコンパクトカー:エレガンスと実用性を兼ね備えた最新モデル15選

2023年12月22日

女性が乗っているとかっこいい車:SUV・コンパクトカー・軽自動車

2023年12月20日

女性に人気のかっこいい車で安い国産車:普通車と軽自動車

2023年12月19日

壊れやすい軽自動車ランキング:壊れにくい軽自動車メーカーと車種を教えて!

2023年12月18日

新型ソリオバンディット大解剖・口コミ・評価:「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に検証!

スズキ ソリオバンディット(2020年12月~):SUZUKI

皆様、こんにちは。今回は、現在話題の新型ソリオバンディットについて、詳しく掘り下げてみたいと思います。この車がなぜ注目されているのか、その理由を多角的に分析していきます。

一部では「乗っている人が少ない」とか「デザインがダサい」といった意見も見受けられますが、実際のところはどうなのでしょうか。

車種のスペックや価格、実際のユーザーレビューを交えて、この車の魅力や課題点を徹底解析します。また、ソリオバンディットを検討中の方にとって参考になる、ライバル車との比較も行います。

どんなクルマ?

スズキ ソリオバンディットは、コンパクトハイトワゴンというジャンルに属する車両です。コンパクトハイトワゴンは、軽自動車のハイトワゴンとミニバンの中間に位置するカテゴリで、コンパクトカーの車格を持ちながら広い室内空間を確保しているのが特徴です。

ソリオバンディットは、ソリオの派生モデルです。

スズキ ソリオバンディットのライバル車には、トヨタ ルーミー、ホンダ フリード、トヨタ シエンタ、ダイハツ トールなどがあります。

新型ソリオバンディットとほぼ同じサイズのクルマ

ソリオバンディットのサイズは、全長3790mm×全幅1645mm×全高1745mmです。この車と同じくらいのサイズの車は下記の通りです。ソリオバンディットのおおよそのサイズ感がわかると思います。

車種定員特徴
トヨタ ルーミー5人ダイハツ トールのOEM車。後席のシートアレンジが豊富で、さまざまなシーンに対応できる
ダイハツ トール5人トヨタ ルーミーの姉妹車。基本的に同じ車。
ホンダ フリード5人~7人広々とした室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のミニバン
トヨタ シエンタ5人~7人フリードと同様、広々とした室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のミニバン

スペック

新型ソリオバンディット「HYBRID MV(マイルドハイブリッド)」のスペックです。

新車価格212万円
駆動方式FF
燃料レギュラー(マイルドハイブリッド)
燃料タンク容量32L
排気量1,242cc
トランスミッションCVT
乗車定員5名
燃費(WLTCモード)19.6km/L
最小回転半径4.8m
全長3,790mm
全幅1,645mm
全高1,745mm
ホイールベース2,480mm
最低地上高(未積載時)140mm
車両重量1,000kg

※ソリオバンディットにはフルハイブリッドモデル(HYBRID SV)もあります。こちらのWLTCモードは22.3km/Lです。

価格

スズキ ソリオバンディットの価格帯です。

212~231 万円

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは『新型ソリオバンディット大解剖・口コミ・評価:「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に検証!』です。

検証するには材料が必要です。

まず、新型ソリオバンディットに関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 走行性能は高速で100km超えると非力さを感じる
  • インテリアにチープ感が否めない
  • 低速走行時にぎくしゃくする感覚がある
  • 後部座席の座面が小さいため、長距離での快適性に欠ける
  • モーターの恩恵をあまり感じられない
  • ホンダのエンジンに比べて劣るという感じ

 

  • 助手席にアームレストがない。
  • センターメーター内の表示が小さく、情報量が多すぎる。
  • 集中ドアロックの開閉スイッチがない。
  • ハンドルの戻りが遅いことがあり、慣れが必要。
  • リヤシートに乗ると、路面の突き上げを感じることがある。
  • 急ブレーキがあまり効かない。
  • 電動パーキングブレーキがない。
  • ディーラーオプションのナビゲーションの画質が荒い。
  • 冬場の燃費が悪くなる。
  • アイドリングストップが煩わしいと感じることがある。

 

  • 燃費がカタログ値に届かない場合がある。
  • 電動パーキングブレーキがない。
  • ダッシュボードやドアパネルの樹脂部品がチープな印象を与えることがある。
  • 1.2リッターのエンジンはパワー不足を感じることがある。
  • エンジン走行と充電経路の表示が視覚的に分かりにくい。
  • アダプティブクルーズコントロールの性能が不満。
  • パワーウィンドウスイッチが古いデザインである。

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

新型ソリオバンディットに関するレビュー内容を分析した結果、以下のような意見が集まっています。

走行性能: 高速走行時にエンジンの非力さが感じられる。低速時のぎくしゃくする感覚や、モーターの恩恵が感じにくい点も指摘されている。1.2リッターのエンジンはパワー不足と感じられることがあるようです。

インテリアと快適性: インテリアにチープ感があり、ダッシュボードやドアパネルの樹脂部品も安っぽく感じるとの意見があります。後部座席の座面が小さく、長距離の快適性に欠けるとされています。また、センターメーターの表示が小さく情報量が多すぎるとの指摘も。

装備と機能性: 助手席にアームレストがない、集中ドアロックのスイッチがない、電動パーキングブレーキの欠如など、装備面での不満が見られます。また、ハンドルの戻りが遅いことや、アダプティブクルーズコントロールの性能に不満を持つ声もあります。

安全性と操作性: 急ブレーキの効果が低いと感じる点や、アイドリングストップの煩わしさが指摘されています。また、パワーウィンドウスイッチが古いデザインであるという意見もあります。

燃費とエコ性能: 燃費がカタログ値に届かないことや、冬場の燃費の悪化が指摘されています。エンジン走行と充電経路の表示が視覚的に分かりにくいという意見もあります。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見は新型ソリオバンディットに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、新型ソリオバンディットに関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • エクステリアは格好良く、ソリオよりバンディットの方が将来的な下取り価格が良さそう
  • インテリアには多彩な小物入れやUSB充電ポートがある
  • 乗り心地がよくて、サーキュレーターも効果的
  • 視点が高く運転しやすい
  • ACCの機能が素晴らしい
  • ヘッドアップディスプレイが便利
  • マイルドハイブリッドはスムーズな発進を実現
  • エンジン音が静かでオーディオや会話の邪魔にならない
  • 燃費が良い
  • 室内の広さとフラット化の利便性が高い
  • 安全装備やディスプレイが充実している

 

  • リヤオーバーハングが拡大され、バランスが良くなった。
  • ボディカラーのメロウディープレッドパール ブラック2トーンルーフが美しい。
  • シートが大きく厚みもあり、快適。
  • ヘッドアップディスプレイが便利。
  • アイドリングストップによる静粛性が高い。
  • 加速が良く、トルク不足を感じない。
  • 燃費が良く、カタログ値とほぼ同等。
  • 購入価格がリーズナブル。
  • デザインが洗練されている。
  • マイルドハイブリッドが効率的。
  • 室内が広く、快適性が高い。
  • 高速道路での安定性や静粛性が抜群。
  • アダプティブクルーズコントロールが使いやすい。

 

  • 両側スライドドアが便利で介護や買い物に適している。
  • コンパクトな車体で狭い道でも取り回しやすい。
  • 小さな外観に反して、車内は広々としている。
  • 価格の割に安全機能や走行補助機能が充実している。
  • 後席に独立した肘掛けがあり、長距離でも疲れにくい。
  • 内装に樹脂部品を多用してコストダウンと軽量化を図っている。創意工夫が施された部品が多い。
  • ハンドルの取り回しが良く、カーブでも安定している。
  • 4人乗りと5人乗りの差が大きく、フル乗車でも荷物が載る。
  • シートが柔らかく快適。ロールが少なく、安定した乗り心地。
  • 内装デザインが質感の高いものになっている。
  • 車両価格が手頃である。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

新型ソリオバンディットのレビューを分析し、要点をまとめた内容は以下の通りです。

デザインと外観

  • エクステリアは格好良く、将来的な下取り価格が良好と評されている。
  • ボディカラーのメロウディープレッドパール ブラック2トーンルーフが美しいとの声がある。
  • リヤオーバーハングの拡大により、バランスが改善されたという意見がある。

内装と機能

  • 内装には多彩な小物入れやUSB充電ポートが装備されている。
  • シートは大きく厚みがあり、快適性が高いといった意見がある。
  • ヘッドアップディスプレイや安全装備、ディスプレイが充実している。
  • 内装デザインは質感が高いと評されている。

快適性と乗り心地

  • 乗り心地がよく、サーキュレーターが効果的であるとの声がある。
  • 視点が高く運転しやすいと評価されている。
  • ロールが少なく、安定した乗り心地が提供されている。

パフォーマンスと効率

  • マイルドハイブリッドによるスムーズな発進が実現されている。
  • エンジン音が静かで、オーディオや会話の邪魔にならない。
  • 燃費が良く、カタログ値とほぼ同等であるといった意見がある。
  • アイドリングストップによる静粛性が高いとの声がある。

安全性と機能性

  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)の機能が優れていると評価されている。
  • 高速道路での安定性や静粛性が抜群であるとの声がある。
  • 安全機能や走行補助機能が充実している。

利便性と実用性

  • 両側スライドドアが便利で、介護や買い物に適しているとの意見がある。
  • コンパクトな車体で狭い道でも取り回しが容易である。
  • 車内は広々としており、室内の広さとフラット化の利便性が高い。

以上のような評価が一定数見られます。これらはあくまでレビュアーの意見であり、必ずしもファクトであるとは限りません。しかし、これらの意見は新型ソリオバンディットに関する様々な着目点を提供しているので、ぜひ参考になさってください。

総合的・全般的なレビューをご紹介

レビューの最後に、新型ソリオバンディットに関する総合的・全般的なレビューをご案内します。「細かな点ではいろいろ言いたいことがあるけれど、結局のところ新型ソリオバンディットのことをどう思っているのか」、そうしたレビュアーの<思い>が込められたレビューとなります。ぜひ、参考になさってください。


  • 見た目の貧乏くささがなく、質感が良い
  • 4気筒1200CCハイブリッドで力強さは3気筒と比べ劣るが、加速は十分
  • 安全装備やその他の情報を提供するディスプレイが豊富
  • 高速道路や山道でのパフォーマンスがアルトを上回る
  • コスパが良く、価格に見合った内容を提供している
  • 安全装備の充実や乗り心地の良さで全体的に満足度が高い

 

  • 走行性能や燃費は同クラスの車両と比較しても優れている。
  • 内装や装備に関しては一部改善点があるものの、総合的にはコストパフォーマンスが高い。
  • 高速道路での運転が快適で、安全運転にも対応している。

 

  • 価格に見合った機能と快適性を備えた車。
  • ファミリーカーとしてだけでなく、趣味の活動にも適している。
  • ミニバンからの乗り換えでも、インテリアデザインと質感に大きな差はない。
  • 燃費はミニバンより良く、室内の広さと居住性はミニバンとほぼ変わらない。

「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に分析

この記事のテーマは『新型ソリオバンディット大解剖・口コミ・評価:「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に検証!』というものです。

テーマの重点項目である「乗っている人少ない」「ダサい」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

「乗っている人少ない」

現行ソリオバンディットは2020年12月発売です。販売台数の推移は以下の通りです。

  • 2020年12月5019台
  • 2021年1月~12月44,713台(月平均3,726台)
  • 2022年1月~12月41,590台(月平均3,466台)
  • 2023年1月~10月41,156台(月平均4,116台)

なお、スズキの月販販売目標は4.000台です。

登録車の販売台数ランキングでは、おおよそ10位~20位のあいだを行き来している感じです。

したがって、ソリオに「乗っている人少ない」というフレーズは、半分当たっていて半分当たっていない、という感じでしょうか。

このジャンルにはダイハツトールやトヨタルーミーなどの強敵がいて、また、ホンダフリードやトヨタシエンタとも顧客がかぶっているので、けっこうな激戦区です。

まずまずの数字ではないでしょうか。

「ダサい」

クルマが「ダサい」という時、その8割がたはエクステリアデザインに関する言及です。ベース車のソリオと比べて、ソリオバンディットの顔つきは濃いです。これが気に入らない人もいるかもしれません。

その他、細かな部分で「ダサい」と思う部分もあるかもしれません。「否定的・ネガティブなレビュー」でご紹介した下記のような部分も、人によっては「ダサい」と感じるところかもしれません。

  • インテリアにチープ感が否めない
  • センターメーター内の表示が小さく、情報量が多すぎる
  • 集中ドアロックの開閉スイッチがない
  • パワーウィンドウスイッチが古いデザイン
  • ダッシュボードやドアパネルの樹脂部品がチープな印象
  • ディーラーオプションのナビゲーション画質が荒い
  • 助手席にアームレストがない
  • 電動パーキングブレーキがない

レビューサイトの平均評価点のご案内

新型ソリオバンディットが有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

※2023年11月30日時点

ライバル車とその特徴

新型ソリオバンディットのライバル車とその特徴をまとめました。

車種定員特徴
トヨタ ルーミー5人ダイハツ トールのOEM車。後席のシートアレンジが豊富で、さまざまなシーンに対応できる

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

⇒⇒レビュー記事③

ダイハツ トール5人トヨタ ルーミーの姉妹車。基本的に同じ車。

⇒⇒レビュー記事

ホンダ フリード5人~7人広々とした室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のミニバン

⇒⇒レビュー記事①

トヨタ シエンタ5人~7人フリードと同様、広々とした室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のミニバン

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

どんな人におすすめ?

新型ソリオバンディットがおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
都市部での運転が多い人コンパクトなサイズで市街地の狭い道や駐車スペースに適している
燃費を重視する人燃費効率の良いハイブリッドシステムを搭載している
小家族や単身者コンパクトながらも実用的な室内空間を提供している
先進安全技術を求める人最新の安全機能が豊富に備わっている
大きなミニバンからの乗り換えを考えている人外寸は小さいけれど車内は広くてびっくり。見栄を捨て実利を取る人に最適。

新型ソリオバンディットに興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないSUZUKIの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないSUZUKIの他の車種をまとめました。

車名特徴
ソリオソリオバンディットのベース車です。ソリオとソリオバンディットの最大の違いはエクステリアです。どちらが好みか、の問題です。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

スペーシア軽のスーパーハイトワゴンです。スペーシアのコンセプトは「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」です。室内空間が広く、ラゲッジスペースも使いやすいのが魅力です。また、マイルドハイブリッドを搭載しているため、燃費が良いのも特徴です。

⇒⇒レビュー記事

スペーシアギアスペーシアに遊びの要素を加えた軽スーパーハイトワゴンです。

⇒⇒レビュー記事①

⇒⇒レビュー記事②

スペーシアベース軽商用車です。荷室面積が広く、2人が乗れて荷物もたっぷり積めるのが特徴です。スペーシアベースのコンセプトは「遊びに仕事に空間自由自在。新しい使い方を実現する軽商用バン」です。標準装備のマルチボードを使って、車中泊やワーケーションなど、目的に合わせた室内空間を自由に楽しむことができます。

⇒⇒レビュー記事

まとめ

『新型ソリオバンディット大解剖・口コミ・評価:「乗っている人少ない」「ダサい」を重点的に検証!』のテーマで解説してきました。

この記事を通じて、新型ソリオバンディットの多面的な魅力や、いくつかの批判点について詳しく見てきました。ユーザーレビューからは、その実用性やドライブの楽しさ、さらには価格面でのメリットなど、多くのポジティブな声が聞かれました。

反面、デザインに対する否定的な意見や、市場における存在感の問題も浮き彫りになりました。最後に、もしソリオバンディットに興味を持っている方がディーラーで目にするかもしれない、SUZUKIの他の魅力的な車種についても触れてみました。

ご覧いただきありがとうございました。

【女性目線で】彼氏に乗って欲しくない車ランキング:意外な車がランクイン

2023年12月13日

買ってはいけない軽自動車の見分け方:用途別おすすめ軽自動車をご紹介

2023年12月15日

20代女子に人気のかっこいい普通車ランキング:ジャンル別おすすめ

2023年12月16日

買ってはいけない外車ランキング:初心者におすすめの外車をご紹介!

2023年12月18日

50代女性が乗ってかっこいい車:おしゃれな人気車種をご紹介!

2023年12月22日

買ってはいけない中古車ランキング:絶対に避けるべき10の注意点

2023年12月12日
Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています