デュアルクラッチトランスミッション(DCT)とは|仕組み|オートマ|AT限定免許

DTC・デュアルクラッチトランスミッション・とは・仕組み・オートマ・AT限定・免許

仕組み

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)とは、Dual Clutch Transmissionの略で、機構的にはマニュアルトランスミッション(MT)と同じです。

MTとの違いは、MTがギアの変速を手動で行うのに対して、DCTは電子式に行うところです。

したがって、操作方法は普通のオートマ(AT)と同じです。Dレンジに入れておけば、後は車が勝手にシフトチェンジをしてくれます。

では、普通のATとDCTの違いは何かというと、普通のATが、トルクコンバーターの流体により変速するか、CVTの場合はベルトで無段階に変速するのに対して、DCTはMTと全く同じギアによる変速をする点です。

また、デュアルクラッチトランスミッション(DCT)の「デュアルクラッチ」とは、クラッチが2つあるという意味です。2つのクラッチがあることで、常に次のギアに変速する準備ができます。

たとえば、2速で走行中は、いつでも1速と3速にギアチェンジする準備ができています。3速で走行中は、2速と4速にギアチェンジする準備ができています。1速の場合のみ、2速への準備をします。

メリット・デメリット

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)のメリットとデメリットは下記のとおりです。

(メリット)

  • 変速操作が早い(人がやるより早い。電光石火です)
  • 燃費がいい(MTよりいいです)

(デメリット)

  • コストが高くなる
  • 発進時や渋滞時などの低速走行での動きがギクシャクする

AT限定免許で乗れる

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)は、機構的にはマニュアルトランスミッションであるにもかかわらず、操作はオートマと同じなので、AT限定免許で乗れます。

DCT搭載車

デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を搭載している車種は圧倒的に外国車です。ランボルギーニ・フェラーリ・メルセデスベンツ・アウディ・BMW・フォルクスワーゲン・アルファロメオ・ボルボ・フォード・ルノーなど数多くの車に搭載されています。

日本車では、ホンダのフィットハイブリッドやフリードハイブリッド、GT-Rなどほんのわずかです。

やはり、日本の渋滞した道路では、トルクコンバーター式かCVTの方が使いやすいのかもしれません。

ちなみに、現在私が乗っている車はフォルクスワーゲンゴルフ(7代目)ですが、DCT搭載車です。フォルクスワーゲンではDSGと呼びますが、排気量1.2リットルのダウンサイジングターボ車で、7速のDCTです。

田舎の道なので、1リットルで18.3キロほど走ります。発進時にややクセがありますが、その他はとても使いやすく気持ちのいい変速機です。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。わたしの2020年はインフルエンザで幕を開けました。38度5分まで熱が出て、タミフルを処方されました。A型インフルでした。1日2錠を5日間飲みました。飲んでいる間は人にうつすリスクを避けるために基本的に外出できません。服用して丸2日で平熱に戻りましたが、喉のガラガラにその後も苦しみました。いろんなことがいったんストップしてしまいます。恐ろしい1週間でした。・・・などと言っているうちに、何と、新型コロナウイルスの脅威です!!!手洗いなどの対策はもちろん大事ですけど、わたしは栄養バランスの良い食事で体力を養っておくことが最良の防衛策だと思います。たとえ感染してしまっても重症になる確率をおさえるには身体の余力が有効だと思うからです。もしもダイエットに励んでいる方がいたら、この時期だけは栄養を最優先になさっていただきたいと思います。みなさん、気をつけましょう。