クラッチスプリングとは|交換時期・交換費用|へたり・破損・衰損

クラッチスプリング・とは・交換時期・交換費用・修理・へたり・破損・衰損

クラッチスプリングとは

クラッチスプリングとは、マニュアルトランスミッションのクラッチカバーを構成する部品の一つです。

クラッチスプリングは、プレッシャプレートに面圧を与える役割を担っていて、クラッチディスクに圧着してあるクラッチフェーシングと接触させ、動力を伝えます。

交換時期

クラッチスプリングは何年何万キロで交換といった目安はありませんが、下記のような症状が出てきたら交換する必要があります。

  • 発進時にクラッチが滑る
  • 加速時にクラッチが滑る
  • 上り坂でクラッチが滑る

これらの症状が出たらクラッチスプリングにへたりや破損や衰損が発生している可能性があります。

交換費用

ディーラーや整備工場でクラッチスプリングの交換をすると、部品代と工賃を合わせた総額で4,000円~7,000円ほどかかると思います。

ただし、クラッチスプリングのみの交換で済めばいいのですが、他のパーツも同時交換となると、それこそ費用はピンキリです。

クラッチは、とにかく滑り始めた初期の段階でプロに点検してもらってください。修理または交換費用が最低限で済みますので。

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。