PCX125大解剖:燃費悪い・足つき・最高速・タンデム・ツーリング・空気圧・盗難を検証!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



PCX125大解剖:燃費悪い・足つき・最高速・タンデム・ツーリング・空気圧・盗難を検証!

ホンダ・PCX125:Honda

バイク選びにおいて、インターネットでのレビューや評価は非常に重要な参考資料となります。今回の記事では、ホンダのPCX125という人気スクーターについて、幅広く解剖していきます。購入を検討されている方はもちろん、興味がある方にも参考になる内容となっております。

スペックや価格から始め、肯定的なレビューと否定的なレビューを詳しく紹介。特に燃費、足つき、最高速、タンデム、ツーリング、空気圧、盗難については、現実的な視点での分析を行います。さらに、複数のレビューサイトでの平均評価点も調査。そして、PCX125のライバル車とその特徴、おすすめの人物像までを網羅しています。

皆さんがPCX125についてより深く理解できるように、多角的な視点で情報を提供します。それでは、始めていきましょう。

どんなバイク?

ホンダ・PCX125は、124ccの原付2種スクーターです。

水冷単気筒エンジンを搭載し、最高出力は12.5ps、最大トルクは12Nmを発揮します。

WMTCモード値は48.8km/Lで、燃料タンクは8.1Lなので、計算上は満タンで約395km走ります。

スペック

PCX125のスペック(主要諸元)を以下にまとめました。

項目情報
車名・型式ホンダ・8BJ-JK05
フレーム形式アンダーボーン
全長×全幅×全高1,935mm × 740mm × 1,105mm
最低地上高135mm
シート高764mm
エンジン種類水冷4ストロークOHC4バルブ単気筒
総排気量124cm³
最高出力9.2[12.5]/8,750rpm
最大トルク12[1.2]/6,500rpm
燃料タンク容量8.1L
乗車定員2人
トランスミッション形式無段変速式(Vマチック)
車両重量133kg
燃料消費率(km/L)
  • 国土交通省届出値: 55.0(60)〈2名乗車時〉
  • WMTCモード値: 48.8(クラス 1)〈1名乗車時〉
最小回転半径1.9m

価格

ホンダ・PCX125の価格です。

※PCX125の正式名称は、単に「PCX」です。ここではPCX160と区別するために125をつけています。

363,000円(税込)

否定的・ネガティブなレビューをご紹介

この記事のテーマは「PCX125大解剖:燃費悪い・足つき・最高速・タンデム・ツーリング・空気圧・盗難を検証!」です。

検証するには材料が必要です。

まず、PCX125に関する否定的・ネガティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • 60km/h以上での加速がもたつく。
  • クラクションの位置が真ん中で他社と違い、初めは違和感がある。
  • ウインカーの位置が一番下で最初は違和感がある。
  • 信号待ちで片足だけつく姿勢に数分なっていると疲れる。
  • 身長170cmで信号待ち時に左足だけつく姿勢が疲れる。
  • 燃費はスーパーカブ110に比べて若干落ちる。
  • 引き回し時の取り回しは、車体が大きい分、スーパーカブよりつらく感じる。
  • コンビニ袋を引っ掛けるフックがない。

 

  • アイドリングストップした直後の1秒以内の発進は反応が悪い。
  • 段差と舗装が悪い道では、ショックが大きい。
  • エンジンのアイドリングが高くなったり、バッテリー低下のランプなどのトラブルがあった。
  • 燃費が前のモデルよりも少し悪くなった。
  • ヘッドライト上部のデザインが広く取り過ぎ。
  • リアショックは調整ができないと感じた。
  • 長い上り坂でタンデムでも速度が上昇するが、燃費が大幅に下がる。

 

  • 車高が高いと感じる
  • シート下の収納が狭い、大きなフルフェイスヘルメットが入らない
  • メットインが小さい
  • 足つきが悪い、短足の人には不便
  • 夜間山道での照明が不足
  • 振動が前モデルに比べて多いと感じる
  • スズキのマイスピンが使えない時が多い
  • 高速域での燃費が前モデルよりわずかに悪い

 

  • LEDヘッドライトが暗いと感じる。
  • 走りのパフォーマンスは平凡。
  • フロントスクリーンが短い。
  • 盗難が多発している。
  • 燃費が前のモデル(JF-81)と比べて悪くなった。
  • 低速での振動がなくなったが、まだ慣らし中で詳細不明。
  • 全体的にスピードが遅い。

 

  • 加速が思ったより遅い。
  • 横風に煽られることがある。
  • リアショックの硬さが気になる。
  • 短足なのでシートの高さが不満。
  • 足付き性が悪い。

 

  • 腰が痛くなる、特にローダウン後。
  • メットインのスペースが狭い。
  • 時速50K以上でハンドルに振動が出る。
  • 道路の不正や段差でサスペンションが機能しない。
  • 固いサスペンションによる乗り心地の悪さ。

上記の否定的・ネガティブなレビューの分析結果

PCX125に関するレビューにはいくつかの共通の懸念点があります。

  1. 操作性の違和感: クラクションやウインカーの位置が他社製品と異なるため、慣れが必要とされています。
  2. 疲労と不便性: 信号待ちや停車時に足付き性が悪く、疲労が蓄積する。シートの高さや車高もこれに影響しています。
  3. 走行性能: 低速から高速までの加速が不十分であり、燃費も前モデルに比べて劣る。段差や舗装が悪い道ではショックが大きく、振動も問題とされています。
  4. 収納と便利機能: シート下の収納やメットインが狭く、コンビニ袋を引っ掛けるフックが欠けている。
  5. 照明と視認性: LEDヘッドライトと夜間照明が不足しているという指摘があります。
  6. 耐久性とメンテナンス: エンジンのアイドリングの不安定性やバッテリーの問題が報告されています。
  7. サスペンションと乗り心地: サスペンションが硬く、道路の状態が悪い場合に乗り心地が劣る。
  8. 盗難のリスク: セキュリティ面での懸念があります。

操作性の違和感、疲労と不便、走行性能の不足という評価が一定数見られます。これらは主にユーザビリティとパフォーマンスに関わる問題であり、要改善の項目かもしれません。

肯定的・ポジティブなレビューをご紹介

次に、PCX125に関する肯定的・ポジティブなレビューをご案内します。その後でレビュー内容を分析します。


  • フロントデザインはNMAXよりもPCXが完成度が高いと感じる。
  • メーターは夜間でも日中でも見やすい。
  • 125ccであるが、NAの軽自動車より力があるように感じる。
  • 加速も楽々で、減速もフロント・リア両方ディスクで制動力も安心。
  • エンジンブレーキが自然に効く。
  • 乗り心地が非常に快適。
  • 燃費は54.4km/Lで航続可能距離が長い。
  • 価格は装備や走行性能を考慮すると安いと感じる。

 

  • 3代目でタイヤサイズが太くなり、デザインが改善。
  • 低回転から高回転までエンジンがスムーズ。
  • 直進性と旋回性が良い。
  • 車重が軽く、取り回しやすい。
  • 燃費が驚くほど良い。
  • 価格が同クラスの他車と比べて適正。
  • 置き場が設けられたFUELキャップ、リアがディスク化されて効き味が良い。
  • ヘルメットの収納スペースが広がった。
  • 車体は大きいが、取り回しはし易い。
  • 舵を左右いずれに切ってもハンドルロックが出来る。

 

  • エンジンのスムーズな始動
  • 乗り心地が良い、特にゲルザブの導入により
  • 見た目が戦闘機をイメージしており、デザインが斬新
  • カスタムパーツが豊富
  • 長距離ツーリングでも快適
  • 加速が全域でフラット
  • ABS、トラクションコントロール、リアディスクブレーキなどの装備が充実
  • 保険料が比較的安い

 

  • 装備が非常に充実している。
  • ABSが前後に標準装備。
  • カスタムパーツも豊富。
  • 通勤、買い物に便利。
  • メットインの収納スペースが広い。
  • 乗り心地が以前のモデルより改善された。
  • ロングスクリーンを装着すると更に快適。
  • 燃費が良い。

 

  • 通勤で使いやすい。
  • 燃費が良い。
  • 手軽にプチツーリングに使える。
  • 街中で遅れることなく走れる。
  • スマートキー機能が便利。
  • フューエルリッドオープナーやシート開閉がボタン操作で車のように便利。
  • 低速でのアクセルコントロールがしやすい。
  • 旋回性が良く、直進安定性も抜群。
  • 1日配達しても疲労が少ない。

 

  • 物足りないと思っていたが、違和感なく乗れる。
  • スーパーカブ110からの乗り換えでも満足。
  • スピード全域を利用できる。
  • 費用をかけずに乗り心地を改善できる。
  • ゲルザブを使うと、さらに乗り心地が良くなる。

上記の肯定的・ポジティブなレビューの分析結果

レビューから見て取れる点はいくつかあります。

  1. デザイン: PCXはフロントデザインがNMAXよりも完成度が高く、第三世代ではさらに改善されていると評されています。※2023年現在の最新型は4代目
  2. 走行性能: 低回転から高回転までエンジンがスムーズで、加速は楽々と可能。また、制動力にも優れている。
  3. 乗り心地: ゲルザブの導入などにより、乗り心地が非常に良いとされています。長距離でも快適に過ごせる。※ゲルザブを導入すればという話であり、これはホンダに対する褒め言葉ではない
  4. 燃費: 燃費が非常に良く、航続距離が長い。
  5. 価格: 同クラスの他車と比べても価格が適正で、装備や走行性能を考慮すると価格は安いと感じられる。
  6. 実用性: 通勤、買い物、プチツーリングに便利。メットインの収納スペースが広く、スマートキー機能やフューエルリッドオープナーも便利。
  7. 安全装備: ABS、トラクションコントロール、リアディスクブレーキなど、安全装備が充実している。
  8. カスタム: カスタムパーツが豊富に存在し、ロングスクリーンを装着することでさらに快適になる。
  9. その他: 車体は大きいが、取り回しが良く、低速でのアクセルコントロールもしやすい。保険料も比較的安い。

以上のようなポイントによって、PCX125はデザイン、走行性能、乗り心地、燃費、価格、実用性、安全装備、カスタムの各面で高く評価されています。

「燃費悪い」「足つき」「最高速」「タンデム」「ツーリング」「空気圧」「盗難」を重点的に分析

この記事のテーマは「PCX125大解剖:燃費悪い・足つき・最高速・タンデム・ツーリング・空気圧・盗難を検証!」というものです。

テーマの重点項目である「燃費悪い」「足つき」「最高速」「タンデム」「ツーリング」「空気圧」「盗難」について、ここまで見てきたレビューを基に、検証したいと思います。

項目内容
燃費悪いスーパーカブ110や前モデル(JF-81)より燃費が悪くなっている。タンデムや上り坂で大幅に燃費が下がる。

※PCXの前モデルに乗っていた人は悪化したと感じる場面があるようです。タンデムで上り坂なら世のすべてのモデルで燃費が悪化します。全般的に、燃費性能に関しては大いに満足している人が大半です。

足つき
  • 身長170cmでも信号待ちで疲れる。足付き性が悪いと感じる人も多い。短足の人には不便。

※足つき性は事前にまたがって入念に確認すべき項目です。勢いで購入しないでください。バイクの最重要チェック項目です。乗れなきゃ意味ないですからね

最高速
  • 加速が遅いと感じる人が多い。全体的にスピードが遅い。平凡な走りのパフォーマンス。
  • スピード全域を利用できる。

※制限速度60キロという原付2種の立ち位置で見た場合、PCX125は多くのユーザーにとって必要十分な性能を備えていると評価されています。一部のユーザーはさらにもっと速いスピードを求めているようです。確かに、緊急回避の場面などではモアパワーが欲しい場面もあるでしょう。ただ、それを求めすぎると、燃費も悪化するし、価格も高くなるはず。どうしても速いバイクが欲しければ、たとえばPCX160があります。

タンデム※タンデム走行に関するレビューは、燃費の項目で一つありましたが、他はありませんでした。PCX125でタンデム走行する人はごく少数のようです。「緊急時に限定」ということでいいのではないでしょうか。
ツーリング
  • 横風に煽られることがあり、腰が痛くなる。フロントスクリーンが短く、夜間山道の照明不足。

※上記以外に、長距離ツーリングも快適というレビューがありましたが、いずれにしても、快適にツーリングするには、ゲルザブを装着し、ロングスクリーンに付け替え、ヘッドライトを明るいものに交換すれば、さらに快適になるのでは。横風は防ぎきれない部分であり、突風などが吹く日は乗らないようにしてください。

空気圧※PCXの場合、適正空気圧はシート下のスペースに表が張り付けてあると思います。ガソリンスタンド等でこれを見せて、表示通りに前輪と後輪を適正な空気圧にしてもらってください。まず適正値で走行してみて、たとえばリアが突っ張る感じがあったら、ちょっとだけリアの空気圧を低くしてみる、といった工夫をすればいいと思います。ただし、たとえば2.5キロが指定のところを1.8に落とすというような、極端なやり方は危険だと思います。プラスマイナス0.3くらいの範囲にとどめたほうがいいと思います。それでも乗り心地が固いと感じたら、タイヤの銘柄をコンフォートタイプに替えるとか、ゲルザブを付けるとか、他の方法を考えてください。まずは適正空気圧で乗ってみてください。
盗難※125cc以下のホンダ車で、盗難が最も多いのがPCXです。盗難率が高い順に、1位PCX、2位モンキー、3位ディオとなります。

バイクの盗難対策には次のような方法があります。

  1. Uロックやチェーンロックの使用
  2. ステアリングロック
  3. イモビライザーシステム
  4. GPSトラッキングシステム
  5. 駐車場選び(防犯カメラや照明がある場所)
  6. カバーを掛ける
  7. 警報システムの導入
  8. 車体への識別マーク
  9. バイクの写真と車体番号の記録
  10. 近隣住民や知人との連携

それでも盗まれるときは盗まれるものです。最後の砦となるのは「盗難保険」です。⇒⇒ZuttoRide Club

レビューサイトの平均評価点のご案内

PCX125が有名なレビューサイトでどう評価されているか、以下ご紹介します。

レビューサイトを参考にする際、「平均評価点」というのはとても重要な指標です。項目別のレビューなどいくら並べ立てても、実はバイク選びにはあまり参考になりません。

バイクのような趣味性の強いモノは、「いろいろ言うべきことはあるだろうが、結局のところ好きなのか嫌いなのか」、そこが最も知りたいところであり、「平均評価点」はこれを知る近道です。

※2023年10月16日時点

上記平均評価点の分析結果

平均評価点によると、PCX125は全体的に高評価を受けていることが分かります。

みんカラ

みんカラは主に個々のユーザーが自分の車やバイクについて詳しくレビューを投稿するプラットフォームです。趣味性が強く、所有者自身の経験に基づいた評価が多いため、4.75点という高評価は非常に信頼性があります。この点数から、PCX125は一般のバイク愛好者からも高い評価を受けていると言えるでしょう

価格コム

価格コムは製品の価格比較に重点を置いたサイトであり、多くの製品カテゴリーにわたるレビューがあります。4.54点という評価は、コストパフォーマンスに優れた製品であると言えます。価格に敏感な層からも好評であると推測されます

ウェビック

ウェビックはバイク専門のECサイトであり、プロの評価も多く反映されています。4.02点という評価はやや低めですが、専門家の厳しい目から見ても概ね好評であると言えるでしょう

ライバル車とその特徴

PCX125のライバル車とその特徴をまとめました。

車名特徴
Yamaha NMAX 125
  • 124cc。379,500円。
  • 最高出力12ps、最大トルク11N・mを発揮します。WMTCモード値は46.9km/Lで、タンク容量7.1Lなので、計算上は満タンで約333キロ走ります。

⇒⇒レビュー記事

Suzuki バーグマンストリート125EX
  • 124cc。317,900円。
  • 最高出力8.3ps、最大トルク10N・mを発揮します。WMTCモード値は56.0km/Lで、タンク容量5.5Lなので、計算上は満タンで約308キロ走ります。

どんな人におすすめ?

PCX125がおすすめの人物像をまとめました。

おすすめの人物理由
初心者ライダー操作が簡単で、125ccエンジンは扱いやすい。安全性も高い。
通勤・通学者燃費が良く、都市部の短距離移動に適している。
予算を重視する人維持費や燃料費が比較的低く、初期費用も手頃。
デザイン重視の人モダンなデザインと豊富なカラーバリエーションがある。
荷物を多く持つ人広い収納スペースがあり、買い物や荷物の運搬が容易。

上記以外にも、休日にツーリングに出かけたい人にもPCX125は最適です。

PCX125に興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないHondaの他の車種があるとしたら、それは何?

思わず目移りしてしまうかもしれないHondaの他の車種をまとめました。

車名特徴
リード125
  • 124cc。324,500円。
  • 最高出力11馬力、最大トルク12n・m。WMTCモード燃費は49kmで、燃料タンク容量は6.0Lなので、ガソリン満タンで計算上は294km走れます。

⇒⇒レビュー記事

CT125・ハンターカブ
  • 123cc。440,000円。
  • 最高出力9.1馬力、最大トルク11n・m。WMTCモード燃費は63.7kmで、燃料タンク容量は5.3Lなので、ガソリン満タンで計算上は約338km走れます。

⇒⇒レビュー記事①

PCX160
  • 156cc。412,500円。
  • 最高出力15.8馬力、最大トルク15n・m。WMTCモード燃費は43.7kmで、燃料タンク容量は8.1Lなので、ガソリン満タンで計算上は約354km走れます。

まとめ

「PCX125大解剖:燃費悪い・足つき・最高速・タンデム・ツーリング・空気圧・盗難を検証!」のテーマで解説してきました。

数々の要点を考察した結果、PCX125は多くの面で優れた性能を持っている一方で、改善の余地も確認できました。燃費、足つき性、最高速度といった基本性能はもちろん、タンデムやツーリングでの適性、さらには空気圧と盗難リスクについても詳しく調査しました。

レビューサイトでの平均評価点から見ても、多くの人に支持されていることが分かります。多面的な評価を通じて、どのような人にこのバイクが最適か、そしてHondaの他の選択肢についても触れました。

本記事があなたのバイク選びの一助となれば幸いです。ご覧いただきありがとうございました。

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています