4WD車のトランスファーとは|構造・意味|センターデフとの違いは?

トランスファー・車・とは・構造・仕組み・意味・センターデフ・4WD・ジムニー・2WD

トランスファーとは:構造と意味

一部4WD車に搭載されるトランスファーとは、transferのことで、「移す」とか「乗り換える」という意味です。

車の装置としてのトランスファーは、4WDと2WDを切り替えるという意味になります。

スズキのジムニーなどのパートタイム4WD車に搭載されることが多い装置です。

トランスファーは複数のギアの組み合わせで構成されていて、エンジンからの動力をトランスミッションとドライブシャフトを介して受け取ると、こうした数多くのギアの働きにより、動力を前輪と後輪に分配します。

その際、運転席の切り替えレバーまたはスイッチにより、2WDと4WDの切り替えができます。

また、たいていのトランスファーには副変速機がついていて、通常のシフトレバーとは別にローレンジギアに切り替え可能なレバーがついていて(ジムニーなどは通常のシフトレバーが兼ねる)、岩のむき出しになった場所、超急斜面、激しい段差がある場所、重量物をけん引する状況、といったケースでゆっくりと確実に悪路を乗り越える能力を発揮します。

センターデフとの違い

トランスファーは、ジムニーのような2WDと4WDを切り替えできるパートタイム4WD車が採用する機構で、4WDに切り替えた場合、前輪と後輪を直結します。

これに対してランドクルーザーやフォレスターのようなフルタイム4WD車では、センターデフ(センターデファレンシャルギア)によって前輪と後輪をつないでいて、その際、直結ではなくて前輪と後輪の回転差を調節する役割を果たしています。

トランスファーは直結なので回転差の調節ができません。そのため、タイトコーナーブレーキング現象と呼ばれる、交差点や車庫入れなどの際にハンドルや車体に異音や振動が発生する現象が見られます。

タイトコーナーブレーキング現象とは|メカニズム|車庫入れで異音と振動|ジムニーなど

2020.05.02

センターデフとは|4WD車の装置|構造|ロック機構は?異音や振動は?

2020.05.03

フルタイム4WDとは|構造・仕組み|雪道に強いが燃費が悪い

2020.05.02

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。さて、9月ですね。雨ばかりの7月、うだるような8月が過ぎたら、今度は台風多発の月になりそうです。新型コロナもまだ収まっていません。そんな状況ですが、皆さんが当ブログを訪問していただき、記事を読んでくださることだけがわたしの生きがいです。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。