トランスミッションのレシオカバレッジ(変速比幅)とは|計算|AT/CVTの燃費・静粛性の目安

変速比幅・レシオカバレッジ・とは・計算・トランスミッション・at・CVT

レシオカバレッジ(変速比幅へんそくひはば)とは

トランスミッションのレシオカバレッジ(変速比幅)とは、そのトランスミッションの性能評価の目安の一つです。

一般的に、この数値が高いほど、燃費性能に優れ、静粛性能が高いトランスミッションと言えます。

レシオカバレッジ(変速比幅)の計算方法は、

最大変速比÷最小変速比

の式に当てはめます。

実際の車種別の数値は下記に記しますが、一般的に、CVTは5.5~6、トルクコンバーター式ATは4速で4、8速で8くらいになります。

過去のエポックメーキングなトランスミッションとしては、次のようなものがあります。

  • 日産とジャトコが開発した副変速機付きCVTが7.3(2009年)
  • ドイツZF社の9速ATが9.84(2011年)
  • ホンダの7速DCTであるi-DCDが9.3(2013年)

主な車種のレシオカバレッジ(変速比幅)

(けっこう昔の車)

  • レガシィツーリングワゴン2.0GT(2003年):4.425 5速AT
  • マークIIグランデ(1995年):3.820 4速AT
  • S13シルビアK’S(1992年):4.013 4速AT
  • マーチターボ(1990年):2.286 3速AT
  • R32スカイラインGTS25(1989年):5.558 5速AT

(比較的最近の軽自動車~CVT~)

  • ekスペースG:7.285 CVT
  • ハスラーXターボ:7.284 CVT
  • タントXターボ:6.619 CVT
  • ekワゴン:5.968 CVT
  • デイズ:5.968 CVT

(比較的最近の普通車~CVT~)

  • レクサスUX:7.555 CVT
  • RAV4: 7.555 CVT
  • ノート1.2L:7.284 CVT
  • スイフト1.3L:7.284 CVT
  • インプレッサスポーツ1.6L:7.031 CVT

(比較的最近の普通車~トルコンAT~)

  • レクサスLC、LS:8.232 10速AT
  • アルファード3.5:8.201 8速AT
  • デリカD:5 2.3Lターボ:7.801 8速AT
  • クラウン2Lターボ:6.709 8速AT
  • レクサスRC F:6.709 8速AT

ミッション関連の下記記事もご覧いただけると幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。今月も「役に立つ記事」だけを目指して頑張ります。