廃車手続き:自賠責保険はいつ返金されますか?

自賠責保険いつ返金
このページのポイント
・自賠責保険を解約すると、保険期間が1ヶ月以上残っている場合に限り、返還保険料(還付金・払い戻し金)の返金がうけられます
解約手続きを自分で行った場合は、保険会社の窓口で手続きをした日から10日前後で返金されます。
・返金は指定した金融機関の口座に振り込まれます。
・自賠責保険の解約手続きを廃車専門業者などに代行してもらう場合は、一般的に、返還保険料相当額を車の買取額に上乗せした形で支払われます
・つまり、この場合は、廃車する車を廃車専門業者が引き取りに来たその日か、その翌日くらいに返金されるということになります。(※)廃車専門業者によっては、引き取り日当日支払いのところと後日支払いのところがあります。

廃車手続き:自賠責保険はいつ返金されますか?

Mr.乱視
Mr.乱視です。よろしくお願いします。
question豚子
みなさんお元気ですか。question豚子です。
Mr.乱視
というわけで、このページでは、自賠責保険の返金はいつ?がテーマです。
question豚子
まず、保険期間が1ヶ月以上残っていないと返金はないですよね?
Mr.乱視
その通りです。自賠責保険は車検期間をカバーする形で加入する保険で、一括して前払いされています。

ですから、保険期間の途中で廃車などによって保険を解約する場合は、返還保険料が返金されるのです。

その際、返還保険料は「月割り」で計算されるので、最後の月に1日でもかかっていると、返金はOとなります。

question豚子
よくみなさんが勘違いされるのは、車を廃車に出したら、自賠責保険の解約も誰かが自動的にやってくれると思ってらっしゃることです。
Mr.乱視
そうなんですね。そういう風に思っている方はとても多いですね。

でも、普通、車の引き取り業者とか解体業者とかは、車を引き受けるだけで、自賠責保険のことはノータッチです。

ただし、廃車にかかわるすべての手続きを丸ごと引き受ける廃車専門業者の場合は、自賠責保険の解約も代行してくれるんですけどね。

question豚子
乱視さん、乱視さん。あのですね、わたしはいつもそこのところでつまづくんですよ。

その廃車専門業者と、引き取り業者とか解体業者などは、どこがどう違うんですか?

みなさん、区別がつかないと思うんですけど。

Mr.乱視
そうですね。これは失礼しました。

このさい業者さんの呼び方はこっちに置いておきましょう。紛らわしいので。

つまりです。

車を廃車に出す場合、廃車を受け入れる業者さんは、大別すると2つの種類に分けられるんです。

ひとつは、レッカー移動とか車体の解体とか、一連の廃車にかかわる工程の一部門だけを扱っている業者さんです。

もうひとつは、車の引取りから、部品取り、リサイクル品の回収、解体、そして陸運局での抹消手続き、自動車税、自動車重量税、自賠責保険などの還付手続き・・・こうした一連の廃車手続きをすべて丸抱えで請け負う業者です。

わたしが廃車専門業者と呼んでいるのは、後者の方です。

question豚子
ああ、そういうことなんですね。なんとなくわかった気がします。
Mr.乱視
ですから、みなさんが車を廃車に出す場合、前者の方、つまり廃車手続きの一工程だけを受け持つ業者さんに車を引き渡す場合は、自賠責保険の解約は自分でやる必要があるんです。
question豚子
そして廃車専門業者に依頼した場合は、自分でやらなくても業者さんが代行して解約手続きをやってくれるということですね。
Mr.乱視
はい。そういうことになるんです。
question豚子
では、みなさん。

みなさんの場合はどちらに当てはまりますか?

状況に応じて、みなさんがご自分で自賠責保険の解約手続きをするか、業者に代行してもらうか、決まってくると思います。

Mr.乱視
それから、みなさんにお伝えしておきたいことは、通常、自賠責保険を解約するような状況であれば、自動車保険(任意保険)も何らかの手続きが必要ですよね?

自賠責保険と同じように「解約」するとか、別の車に乗り換える場合は「車両入替」手続きをするとか、しばらく車に乗らない場合は「中断証明書」を発行してもらうとか、何らかの手続きが必要だと思います。

そんな場合は下記のページを参考にしていただきたいと思います。

自賠責保険の解約方法とあわせてお役立ていただけると幸いです。

自賠責保険の解約:還付金(払い戻し)を受ける方法・金額

2018.05.01

車を廃車して任意保険の還付を受けるには自分で連絡が必要

2018.04.29

みなさんご存知のように、ちょっと前までは車を廃車するにはこちらからお金を出さなければなりませんでした。でも今は引き取った廃車の流通先が国内・国外と多様化し、また部品取りしたパーツの流通ルートも確立されているので、以前とは逆に、こちらがお金を受け取れるようになっています。下記の買取サイトを利用すれば、思わぬ臨時収入が得られ、何かと助かると思います。

ハイシャル ズバット車買取比較
  • 廃車・事故車0円以上買取保証
  • 引取り手数料無料
  • レッカー代無料
  • 解体費用無料
  • 事務手続き代行費用無料
  • 自賠責・重量税・自動車税が還付※軽自動車税は還付なし(還付制度そのものがないので)
  • 一般の中古車買取です
  • 買取相場がすぐわかります
  • 下取りで査定額が付く車
  • まだまだ元気に動く車
  • 旧車・クラシックカー・改造車・外車
  • オークション形式で複数社が買取額を競うサイトなので高値が付きます

 

 


 


スポンサーリンク



スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。現在はブログ記事作成を日課にしています。自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。朝起きるとコンビニの菓子パンを1個食べてから昼までブログ記事を書きます。昼食はお米とおかずをしっかり食べ午後はSNSや情報のインプットに努めます。夕方に5,000歩ほど歩き夕食は炭水化物をカットしています。せっかく炭水化物をカットしているのにフルーツをよく食べます。みかん・デコポン・甘夏・いよかんなどの柑橘類が好きです。地元山梨産のもも・ぶどうも人からもらったときだけ食べます。寝る前にはウイスキーをストレートで飲みDLifeチャンネルの海外ドラマを見て寝ます。目が悪いです(網膜はく離の手術してます)。