車の廃車に伴う還付金の手続きはいくつあっていつやるの?

廃車還付金手続きいつ
このページのポイント
・普通車や軽自動車を廃車処分(永久抹消・2度と乗らない)した場合、いくつかの還付金が発生します。

普通車を廃車した場合の還付金

自動車税

自動車重量税

自賠責保険(強制保険)

自動車保険(任意保険)

軽自動車を廃車した場合の還付金

自動車重量税

自賠責保険(強制保険)

自動車保険(任意保険)

※軽自動車の場合は軽自動車税の還付金は発生しない

これら還付金の手続きはいつやるのか?

自動車税・自動車重量税

自動車税と自動車重量税の還付金を受け取るには、普通車の場合は陸運局で、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で、それぞれナンバープレートの返納などの事務手続きを行う中で、いっしょにやります。

つまり、自動車税や自動車重量税の還付手続きを単独で行うことは出来ません

廃車手続きの流れの中に組み込まれているのです。

⇒⇒⇒(普通車)廃車手続きの流れ

⇒⇒⇒(軽自動車)廃車手続きの流れ

自賠責保険・自動車保険

自賠責保険(強制保険)自動車保険(任意保険)は上記の廃車手続きが完了してから、後日、保険会社や代理店で還付金を受け取る手続きをします。

自賠責保険(強制保険)は、原則としては契約者本人が加入している保険会社の窓口で手続きをする必要があります。

⇒⇒⇒自賠責保険の解約:還付金(払い戻し)を受ける方法・金額

自動車保険(任意保険)は、代理店・保険会社に連絡すればスムーズに手続きを進めてくれます。ただし、自動車保険には等級(無事故割引)という「資産」が残っている場合があります。この「資産」をどう扱うかは代理店・保険会社に相談することをお勧めします。

⇒⇒⇒車を廃車して任意保険の還付を受けるには自分で連絡が必要

これら手続きを自分でやらずに業者に代行してもらう

自動車税自動車重量税自賠責保険(強制保険)自動車保険(任意保険)の4つの還付金を受け取る手続きですが、すべて自分でやろうとすると相当な手間隙がかかります。

自動車税と自動車重量税は単独では出来ず、一連の廃車手続きの流れの中でしか行えません。

この際、自分でやらずに廃車専門業者に代行してもらう方法もあります。

廃車専門業者なら、車の引き取りから陸運局(軽自動車検査協会)でのナンバー返納、書類作成・提出などの流れの中で自動車税自動車重量税の還付金手続きを行い、その後自賠責保険の還付金手続きを行います。

あなたの代行・代理人としてこれらの手続きをあなたの代わりにやってくれるのでとても助かると思います。

廃車専門業者の詳細はこちらを参考にしてください。

⇒⇒⇒自分でやらずに廃車専門業者に廃車手続きを依頼する

(※)自動車保険(任意保険)の手続きだけは代行できません。

Mr.乱視
みなさんこんにちは。Mr.乱視です。
question豚子
question豚子です。よろしくお願いします。
Mr.乱視
このページのテーマですが、車の廃車に伴う還付金の手続きはいくつあっていつやるのか、ということですね。
question豚子
確か、4つくらいありますよね。
Mr.乱視
そうです。4つほどあります。軽自動車の場合は3つです。
question豚子
ただ、どんな場合でも還付金が戻るわけではないと思うんですが・・・
Mr.乱視
その通りです。キーワードは「残りが1ヶ月以上ある場合」ということになります。
question豚子
あまりパッとしないキーワードですね。なんか、説明文っぽい感じで。
Mr.乱視
そ、そうですか?でも、わかりやすいのが一番です。

順を追ってご説明しましょうね。

まず、自動車税です。

これは登録車の場合だけです。

軽自動車は軽自動車税といいますが、この税金は税額が比較的小額ということもあって、途中で廃車手続きしても税金は戻らない決まりになっています。

さて、自動車税ですが、この税金は毎年4月1日から翌年の3月31日をカバーする形で課税される税金です。

2年車検とか3年車検とかは関係ありません。

また車検が何月何日から何月何日まで、というのとも無関係です。

ですから車を廃車にするのが、たとえば3月中のことであれば、残りは1ヶ月に満たないことになり、先ほどのキーワード「残りが1ヶ月以上ある場合」に該当しませんから、還付金は発生しません。

question豚子
8月中に車を廃車した場合は、9月~翌3月までの7ヶ月分が還付金として戻るわけですね。
Mr.乱視
そういうことになります。

次は自動車重量税です。

この税金は、車検期間をカバーする形で支払う税金で、一括して前払いする方式です。

だから2年車検の場合は24ヶ月分、3年車検の場合は36か月分支払い済みになっているはずです。

question豚子
車検切れを防ぐために、念のためにといいますか、1か月分余分にかけることもありますよね。
Mr.乱視
いえ、それは後で解説する自賠責保険の場合です。

自動車重量税はあくまでも車検の期間をカバーする形で支払う税金です。

それで、この税金の場合も、廃車する時点で、先ほどのキーワード「残りが1ヶ月以上ある場合」に限り還付金が発生します。

この場合の「残り」とは車検の残りということになります。

question豚子
自動車重量税は登録車も軽自動車も還付金は発生するんでしたよね。
Mr.乱視
はい。ただし、車を永久抹消(解体処分して2度と乗れないようにする)の場合だけ還付金が戻ります。

一時抹消(ナンバープレートは返納するけれど車は解体しないで残しておく)の場合は還付金は発生しません。

question豚子
そこはわかります。「重量税」という名前の通り車体にかけている税金だから、車体がまだ解体されずに残っていたら、税金を返してくれるはずがないですよね。
Mr.乱視
次に、自賠責保険です。

これはさっきトン子ちゃんが車検切れウンヌンと言っていたように、車検期間と同じにかける場合と、1ヶ月余分にかける場合があります。

question豚子
つまり、24ヶ月か25ヶ月。そして、36ヶ月か37ヶ月ですね。
Mr.乱視
1年車検の車種もありますが、基本的には、そういうことになりますね。

この自賠責保険も、車を廃車した時点で「残りが1ヶ月以上ある場合」に限り還付金が発生することになります。

question豚子
それでは、最後になるは自動車保険ですね。
Mr.乱視
はい、自動車保険。

法的に加入が義務付けられている自賠責保険に対して、加入は任意なので任意保険と呼ばれることもあります。

question豚子
これも「残りが1ヶ月以上ある場合」に限り還付金が戻るということになるんですね。
Mr.乱視
基本的に、そういうことになります。

ただし、自動車保険(任意保険)は、自賠責保険などのような一括前払いと違って、通常、月払いか年払いになっているはず。

月払いになっている契約では、還付金は発生しません。戻りはないです。保険の満期まで一ヶ月以上あっても。

question豚子
年払いなら還付金がある、と。
Mr.乱視
はい。1年契約の年払いでも戻りますし、最近増えている3年契約で1年毎に年払いしている契約も還付金が発生します。

それから3年契約の3年分一括払いという契約もあって、この場合も還付金が戻ります。

question豚子
いずれも、保険期間の「残りが1ヶ月以上ある場合」に戻るわけですね。
Mr.乱視
はい、そういうことになります。
question豚子
なんか、最初はキーワードというより説明文っぽいなと思っていたけど、「残りが1ヶ月以上ある場合」って、けっこうハマりますね。
Mr.乱視
そ、そうでしょ?

わたしは藤井聡太さんみたいに数手先を読んでお話しているんです。

question豚子
それほどたいしたことじゃないと思いますけど。

だいいち、プロの棋士は数手先どころじゃないそうですよ。

Mr.乱視
いずれにしてもです。

車を廃車にするって、これはけっこう大変なことなんですね。

引き取り業者に車を引き取ってもらい、陸運局とか軽自動車検査協会に出かけてナンバープレートを返納し、自動車税や自動車重量税の還付手続きをやり、それらが終わったら、今度は自賠責保険の解約手続きをやって還付金を振り込んでもらう手はずをとり、さらに自動車保険の手続きをやり終えて、そこでやっと完了。

汗が出ますよね。

question豚子
ため息も出てきそうです。何とかならないんですか?
Mr.乱視
業者に丸投げすると言う手もありますが・・・
question豚子
どこの業者ですか?
Mr.乱視
廃車専門業者です。
question豚子
だって、自分で廃車手続きをする場合にも、最初に引き取り業者に頼みますよね?
Mr.乱視
一口に「廃車」といってもいくつもの工程があるんです。

引き取り業者はそれらの工程のうちの1つの工程を受け持つだけで、まだその先に複数の工程が待っているんです。車体を解体するまでに。

question豚子
車体を解体した後の陸運局とかの事務手続きもありますね。自賠責や自動車保険の手続きもさらにありますよね。
Mr.乱視
ここで「廃車専門業者」と呼んでいる業者さんは、そうしたすべての廃車手続きの流れをひとつの会社で受け持って、丸抱えして、一気通貫でやってしまう業者さんなんです。

ただし、自動車保険(任意保険)の手続きだけはやってくれませんけど。

question豚子
自動車保険以外の手続きはすべて丸抱えでやってくれるんですね。

廃車する車のオーナーが自分でやらなくていいんですね?

引き取り業者を呼んだり、陸運局に行ったり、保険会社に行ったり、そういうことを自分でやらなくていいんですね?

Mr.乱視
はい、丸投げすればいいんです。
question豚子
でも、それならすごく簡単でいいと思うけど、その分、自分でやるよりお金がかかりそうですよね?
Mr.乱視
自分でやるより安上がりですよ

還付金が戻るのは当たり前ですけど、それ以外に、廃車に出す車に値段がつけば、その分のお金も入ってきますから。

question豚子
だけど、手数料がかかるでしょ?

陸運局とかで手続きすれば、いくら慣れている人だとしても、半日仕事にはなるんじゃないですか?

その分の人件費だってタダではすまないはずだし、自賠責保険だって保険会社に行かないと手続きできないんだから、それも1,2時間はかかるでしょ?

そういうのまでタダでやってくれるお人よしがいるはずないじゃないですか。

Mr.乱視
いるんですよ。

ただし、お人よしだからやってくれるんじゃなくて、ちゃんと利潤を得る取引ルートがあるから、手続きなどをタダでやってくれるんです。

question豚子
じゃあ、廃車専門業者っていう、その魔法の業者のこと、もっと詳しく教えてください。

というか、その業者さんのことは、わたしもこれまでに何度か説明を受けているけれど、復習の意味で、またお願いします。

Mr.乱視
あ、いいですよ。

トン子ちゃんはだいぶ忘れてしまっているみたいですが、以前、みなさんとトン子ちゃんに解説したページをご案内します。

こちらです。

⇒⇒⇒自分でやらずに廃車専門業者に廃車手続きを依頼する