【海外の評価】カワサキ・KLX230SM(Kawasaki KLX230SM):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

<当サイトはアフィリエイトプログラムを利用しています>



【海外の評価】カワサキ・KLX230SM(Kawasaki KLX230SM):海外メディア試乗レビュー・口コミ・評価:海外の評判を知りたい!

KLX230SM:Kawasaki Motors

この記事では、カワサキKLX230SMの特徴や海外メディアによるレビューについて詳しく解説します。

エンジン性能、デザイン、走行性能など、カワサキKLX230SMの魅力を多角的に探求します。

さらに、他のバイクとの比較や、このバイクをおすすめする人物像も紹介します。

この記事を通して、カワサキKLX230SMの真価を理解し、購買判断の参考にしていただけると幸いです。

どんなバイク?

カワサキモータースジャパンは、2022年9月15日に新型車「KLX230SM」を発表し、10月15日に販売を開始しました。

KLX230SMの概要

2023年モデルとして登場した「KLX230SM」は、232ccの空冷4ストロークエンジンを搭載し、シート高845mm、車両重量136kgとなっています。価格は税込で57万2000円です。

デザインと装備

ウインカーはクリアレンズで、シートバンド、ヘルメットロックが標準装備されています。ヘッドライトはLEDで、コンパクトかつシャープなデザインが特徴です。

サスペンションとブレーキ

KLX230SMのフロントサスペンションにはΦ37mm倒立フロントフォーク、リアサスペンションにはプリロード調整機構を備えたニューユニトラック式サスペンションが装備されています。ブレーキは前後ともに大径のディスクブレーキで、ABSも搭載されています。

モタードブームの再燃か?

海外で先行発表されていた「KLX230SM」が国内でも販売開始された形です。ベースモデルはオフロードモデルの「KLX230S」で、排気量232ccの空冷単気筒エンジンがチューニングされています。

国内でのモタードブームの再燃が期待される中、この新型車がどれだけの人々に受け入れられるか、今後の動向が楽しみです。

モタードとは、オンロードのタイヤを履いたオフロードバイクのこと。

スペック

KLX230SMのスペックを以下にまとめました。

項目詳細
車名(通称名)KLX230SM
型式2BK-LX230A
フレーム形式ペリメター(高張力鋼)
全長×全幅×全高2,050mm×835mm×1,120mm
懸架方式前: テレスコピック(倒立・インナーチューブ径 37mm)
最低地上高230mm
シート高845mm
エンジン種類/弁方式空冷4ストローク単気筒/SOHC 2バルブ
総排気量232cm³
最高出力14kW(19PS)/7,600rpm
最大トルク19N・m(1.9kgf・m)/6,100rpm
車両重量136kg
潤滑方式ウェットサンプ
燃料タンク容量7.4 L
燃料供給方式フューエルインジェクション
トランスミッション形式常噛6段リターン
タイヤサイズ前: 110/70-17M/C 54P, 後: 120/70-17M/C 58P
ブレーキ形式前: シングルディスク 300mm, 後: シングルディスク 220mm
使用燃料無鉛レギュラーガソリン
乗車定員2名
燃料消費率(km/L)
  • 38.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)
  • 33.4㎞/L(WMTCモード値 クラス2-1、1名乗車時)
カラー・メーカー希望小売価格エボニー 572,000円

※2023年8月時点

Moto Journo Krisのレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。

項目詳細
乗り心地軽量で、非常に取り回しやすい。座席の高さは845mmで、バランスが良く、乗り降りが容易。
走行感覚エンジンは20馬力で、パワーバンド内で最大のパフォーマンスを発揮。6速ギアボックスは滑らか。
ハンドルの感触非常に敏感で、コーナーでの取り回しが容易。USDフォークが強力なフロントブレーキをサポート。
サスペンションの感覚前後ともに柔らかく、快適な乗り心地。特に前輪のサスペンションは非の打ちどころがない。
ブレーキの感覚フロントブレーキは強力だが、噛みつきが少なく、初心者ライダーにも適している。ABSも装備。
エンジンの感覚トラクターのような単気筒エンジンで、適切なパワー。初心者には楽しいが、300cc~400ccに比べるとやはりパワーが少ない。
タイヤとホイールの感覚17インチのホイールと非常に狭いタイヤが、機敏なハンドリングを提供。
排気音の感覚静かで、アイドル時にはプットプットという音。エンジンの音は機械的。
価格に対する感覚価格は約9,000ドルで、価値に対して高価と感じるかもしれない。
スタイリングと品質の感覚スタイリングは美しく、プラスチックの質感は一般的なダートバイクに似ている。

この動画によると、Kawasaki KLX230SMは、初心者から経験豊富なライダーまで楽しめるバイクであると言えるでしょう。特に、軽量で敏捷性があり、取り回しの容易さが強調されています。価格は一部のライダーにとっては高いかもしれませんが、全体的には素晴らしいパッケージと評されています。それにしても、9000ドルって、1ドル140円で計算すると126万円になりますが、日本では57.2万円です。どういうこと?

Big Rock Motoのレビューから。英語の動画です。下記内容はレビュー動画のほんの一部に触れているものであり、全体を網羅したものではありません。
項目詳細
乗り心地シートは狭く硬いため、長時間の乗車には不向き。しかし、軽量で安定しており、楽しい。
走行感覚20馬力と12フィート・ポンドのトルクで、50マイル/時以下では十分。70マイル/時以上での長時間の走行には不向き。
ハンドルの感触軽快で取り回しやすい。スーパーモトバイクとしての特性を活かし、曲がり角でのグリップが素晴らしい。
ブレーキ2ピストンキャリパーで非常に強力。一本指でのブレーキングが可能。ABSのオフスイッチがないのが欠点。
オフロードの性能地上高が9インチあり、長いトラベルサスペンションを持つため、オフロードでも楽しめる。ただし、泥や雪は避けるべき。
価格約5,000ドルで、お金に対する価値が高い。※あれっ?こっちは5000ドル?どうなってるの?
対抗馬SuzukiのDRZ 400スーパーモト、KawasakiのKLX 300スーパーモトなど。
その他の特徴・感想燃料噴射装置を持ち、始動がスムーズ。都市部や一部の高速道路での走行に適している。多用途で楽しいバイク。

ライバル車とその特徴

カワサキ・KLX230SMのライバル車とその特徴についてまとめました。

車名特徴
スズキ DR-Z400SM軽量な車体で、オフロードでも安定した走行が可能。
ヤマハ WR250X耐久性と高いトルクが特徴で、都市部でも快適な走行。
ホンダ CRF250M初心者から上級者まで扱いやすく、多岐にわたる用途。
カワサキ KLX250軽量かつエコノミーな走行で、オフロード走行に適している。

全体のまとめ: カワサキ・KLX230SMのライバル車として挙げられたモデルは、それぞれオフロード走行に適した特徴を持っています。軽量で高い耐久性を持ち合わせており、初心者から上級者まで幅広いライダーに対応している点が共通しています。

どんな人におすすめのバイク?

カワサキ・KLX230SMがどんな人におすすめかをまとめてみました。

対象者理由
初心者ライダー扱いやすい設計で、初めてのバイクに適している。
オフロード愛好者オフロード走行を楽しむための機能が豊富。
通勤・通学者軽量で燃費も良好なため、日常の移動にも利用しやすい。
価格を重視する者他の同クラスのバイクに比べて価格が手頃で、経済的に魅力。

カワサキ・KLX230SMは初心者から経験者まで幅広くおすすめできるバイクです。オフロード走行が楽しめる機能や、日常使用にも適した設計が魅力となっており、価格面でも手頃なため多岐のニーズに応えることができるでしょう。

KLX230SMに興味があってディーラーを訪れた人が、思わず目移りしてしまうかもしれないKawasakiの他の車種があるとしたら、それは何?

カワサキ・KLX230SMに興味を持つ人がディーラーで目移りするかもしれないKawasakiの他の車種をまとめてみました。

車種特徴
カワサキ・KLX250オフロード走行に適し、軽量な設計が特徴。
カワサキ・Z400スポーツバイクのエントリーモデルで、スタイリッシュな外観。

⇒⇒レビュー記事

カワサキ・Ninja 400シャープなデザインで、スポーツ走行が楽しめる構造。

⇒⇒レビュー記事

カワサキ・Versys-X 300冒険を楽しむための多用途バイクで、長距離走行にも適している。

カワサキ・KLX230SMに興味を持つ人は、オフロード走行の楽しさやバイクの多用途性に魅力を感じると思います。上記の車種は、それぞれ異なるスタイルや用途に焦点を当てており、ディーラーでの展示時に思わず目移りする要素が含まれているのでは。

Q&A

Q1: カワサキ・KLX230SMの主な特徴は何ですか?

A1: カワサキ・KLX230SMは232ccの空冷4ストロークエンジンを搭載し、シート高845mm、車両重量136kgで、価格は税込で57万2000円です。LEDヘッドライト、大径のディスクブレーキ、ABSなどが特徴です。

Q2: このバイクのデザインと装備について教えてください。

A2: ウインカーはクリアレンズで、シートバンド、ヘルメットロックが標準装備。ヘッドライトはLEDで、コンパクトかつシャープなデザインが特徴です。

Q3: カワサキ・KLX230SMのサスペンションとブレーキはどうですか?

A3: フロントサスペンションにはΦ37mm倒立フロントフォーク、リアサスペンションにはプリロード調整機構を備えたニューユニトラック式サスペンションが装備されています。ブレーキは前後ともに大径のディスクブレーキで、ABSも搭載されています。

Q4: このバイクはどんな人におすすめですか?

A4: 初心者ライダー、オフロード愛好者、通勤・通学者、価格を重視する者など、幅広い層におすすめです。

Q5: カワサキ・KLX230SMのライバル車は何ですか?

A5: スズキ DR-Z400SM、ヤマハ WR250X、ホンダ CRF250M、カワサキ KLX250などがライバル車として挙げられます。

Q6: このバイクの海外レビューではどのような評価がありますか?

A6: 海外レビューでは、軽量で取り回しやすく、バランスが良いと評価されています。価格に対する感想や、エンジン、ブレーキ、サスペンションの感覚なども詳しく触れられています。

Q7: カワサキ・KLX230SMのスペックについて教えてください。

A7: エンジンは空冷4ストローク単気筒で232cm³、最高出力は14kW(19PS)/7,600rpm、最大トルクは19N・m、車両重量は136kg、燃料タンク容量は7.4Lなどです。

Q8: このバイクのオフロードの性能はどうですか?

A8: 地上高が230mmあり、長いトラベルサスペンションを持つため、オフロードでも楽しめます。ただし、泥や雪は避けるべきとされています。

Q9: カワサキ・KLX230SMに興味を持つ人がディーラーで目移りするかもしれない他のカワサキの車種は何ですか?

A9: カワサキ・KLX250、カワサキ・Z400、カワサキ・Ninja 400、カワサキ・Versys-X 300などが、目移りするかもしれない他の車種として考えられます。

Q10: カワサキ・KLX230SMの燃料消費率はどうですか?

A10: 燃料消費率は38.0km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)、33.4㎞/L(WMTCモード値 クラス2-1、1名乗車時)です。非常にエコなバイクです。

まとめ

カワサキKLX230SMについて、本記事では、エンジン性能からデザイン、走行性能に至るまで、多岐にわたる視点から解説しました。

海外メディアのレビューを交えながら、このバイクの魅力と特徴を深く探求しました。他のバイクとの比較にも触れ、カワサキKLX230SMの位置づけと価値を明確にしました。

この記事が、バイク選びの一助となり、カワサキKLX230SMに対する理解を深める手助けとなれば幸いです。ありがとうございました。

参考:Kawasaki Motors

Mr.乱視
この記事は当サイトの管理人ミスター乱視が執筆しています。引用元・参照元を明示した信頼性の高い記事をお届けします。

こちらの記事も読まれています