【2分記事】スーパーリーンバーンエンジンとは|超希薄燃焼|マツダ3のSPCCIとは?

skyactiv-x・spcci・スーパーリーンバーン・エンジン・超希薄燃焼・マツダ3




画像:MAZDA3 ウェブカタログより SKYACTIV-X SPCCIエンジン

スーパーリーンバーンエンジンとは

希薄燃焼エンジンのことをリーンバーンエンジンと呼びます。スーパーリーンバーンエンジンとは、超希薄燃焼エンジンのことです。

内燃機関の理想的な空燃比(空気と燃料の比率)は、空気14.7グラムに対して燃料1グラムと言われています。

かつて日本でも販売されていたリーンバーンエンジンでは、20:1程度の比率のエンジンが開発されていました。

スーパーリーンバーンエンジンの場合、これを30:1かそれ以上にし、まさに超希薄燃焼を実現しています。

言うまでもなく、リーンバーンエンジンもスーパーリーンバーンエンジンも燃費性能向上が最大の目的です。

マツダ3のSPCCIとは

2019年に販売開始されたマツダ3にはSKYACTIV-X SPCCIエンジンが搭載されています。スーパーリーンバーンエンジンです。

空燃比は30:1という、とんでもない超希薄燃焼エンジンです。

燃焼室内で燃料の比率が下がると、点火プラグでは安定的に着火できません。そこで、ディーゼルエンジンのように混合気が(点火プラグなしに)自己着火するまで圧縮する方式を取り入れて、プラグ点火、圧縮着火、プラグ点火、圧縮着火・・・をそれぞれ最適なタイミングで行います。

これにより、燃費性能が向上しています。

下記の記事も参考になさってください。

ご覧いただきありがとうございました。




ABOUTこの記事をかいた人

元保険代理店代表です。ほぼ毎日新しい記事を追加しています。何かお役に立つ記事があったら、次のお役立ちのためにお気に入りに登録していただけるとうれしいです。励みになります。また、スーパーWebライター・グレース泉の記事もよろしくお願いします(署名入り)。